経理ってどんな仕事?|経理の仕事内容と魅力

経理=会社のお金を扱う仕事、というイメージを持たれている方は多いでしょう。経理は会社のお金を管理する仕事の為に、専門的な知識や実務経験が転職では求められるのではないか?そう考える人も少なくありませんが、経理は専門知識を付けた人だけではなく、中には未経験者でも採用している企業もあります。専門知識が乏しかったとしてもポテンシャルで採用されることも。

どの企業でも必要とされる専門スキルですので、転職においての市場価値も上げることが出来ます。しかしながら具体的にどのような仕事を行うのか、イメージが出来ないまま何となく経理を目指している人がいることも事実。そこで今回は経理の仕事内容と魅力についてご紹介します。

経理の仕事内容

経理・経理部の仕事内容はどの企業であっても「お金の流れを管理する」ことにあります。ただし業務の幅としてどこからどこまでを、経理部が行なうのかは企業規模・業界など企業によって異なりますので注意しましょう。

経理の仕事は日常的に発生する業務と、月単位で発生する業務、また会社の決算など年単位で発生する業務があります。代表的な仕事内容として、下記の仕事が挙げられるでしょう。

経理の仕事内容

・出金、入金の管理
・受発注、在庫の管理
・新規取引先の登録
・取引先の入金、支払管理
・請求書発行
・月次決算、年次決算 など

経理の仕事は、そのほとんど内勤業務です。上記の仕事の中でも企業規模によって分業化されていることや、担当する業務の幅も広くなるでしょう。しかし会社内のお金がどのように動いているのかを管理している経理は、単に事務作業だけを行なう仕事ではありません。

会社内のお金の動きを記録するだけではなく、管理を行なうことで会社の経営状況をより良い方向に向かわせていくことも経理が担う大切なミッションです。

経営において重要な経理

お金の動きを管理することで社内各部署でかかっているコストも把握することが出来ます。会社の経営がどのような状況なのか、平たく言えば儲かっているかどうかも経理は把握することが可能です。企業規模が大きくなればなるほど、経営陣から社内でどのようなコストが掛かっているのかは分かりづらくなっていきます。中には無駄になってしまっているお金を惰性で使い続けている場合も。

経理ではそのような無駄なお金を削減する為の提案をすることで、会社の経営を良い方向に導くことが出来ます。その為に日単位、月単位、年単位のお金の動きを分析していくことも経理の仕事の1つだとも言えます。1人のメンバークラスであれば日常業務に追われることもありますが、実務経験と知識を着実に付けていくことで経営者に近いポジションで仕事を行うことが可能です。

他部署との連携

もちろん会社のお金を扱う為に1円のミスも許されないシビアな面も含んでいます。経理としての業務はもちろんのこと、各部署が申請してくる金額も1円のミスも許されません。かつ取引先への請求、支払が発生する際には経理だけではなく関係部署と連携し合うことも多々あるでしょう。

しかし他部署は請求等を専門的に業務として行なう訳では無く、時には必要書類の提出が遅くなることも想定されます。また、起こっていけないミスが発生することも可能性としてはあります。その為に経理は普段から他部署への意識付けと連携し合うことが必要となります。

時には他部署も忙しい中、経理から必要書類の作成を依頼することもありますが、当然経営の上では必要不可欠なこと。言いづらいと感じることも経営を正しく進める為にハッキリと伝えることも経理の仕事です。

経理の魅力と特徴

これまでご紹介したように経理ならではの遣り甲斐や、経理ならでは大変さも多くあります。しかし魅力も経理ならでは、と感じることも多々あるでしょう。ここからは経理ならではの仕事の魅力を3つの観点からご紹介します。

経理の魅力その1~専門性・汎用性が高い仕事~

経理は専門的な知識が必要となり、細かな業務の為に実務経験があることも転職時には大きな強みとなります。また経理業務は限られた業界ではなく、ほとんどの会社で必要となる業務。つまり経理自体を採用する企業も多くあります。また実務経験だけではなく、資格という目に見える形で経理知識をアピールすることが出来る為、未経験からでも挑戦することが可能です。

専門性が高く、汎用性の高い職種であり、パート社員、派遣社員、契約社員、正社員と様々な雇用形態で採用も行なわれています。自分のライフステージに合わせた働き方を選ぶことが出来るのも、経理の魅力であると言えるでしょう。

経理の魅力その2~経営に近い場所で活躍出来る~

経理は経営陣との距離も近く、経営者の目線に立って仕事を行うことも可能です。お金の動きを管理するだけではなく分析を行い、課題を発見すれば関係部署への改善提案を行なうことで会社の利益率向上にも繋げられるでしょう。経理と言えば黙々と事務作業を行なうイメージが強いようですが、他部署との連携も多くありますので人と関わりコミュニケーションを図りながら仕事を進めることが出来ます。

社内での役職が上がっていけばいくほど、経理の仕事によって会社の経営状況に大きな影響を与えます。無駄なコストが継続的にかかってしまうことで、社員全員で努力してつくった売上も無駄になっていきます。そしてそれを把握し、改善にはどうすれば良いのか、提案が出来るのも経理。お金を管理する経営に近いポジションだからこそ、経理が知識やノウハウを身に付け成長することで会社の経営状況を改善していくことも可能になります。

経理の魅力その3~目に見える成果がある~

経理の仕事は基本的にはお金、数字に関わっていきます。日々発生する経理業務だけではなく、年度末の決算業務など膨大な数字を扱うこともあるでしょう。もちろんその中でも1つのミスは許されない仕事です。

厳しいようにも感じますが経理のミスはお金に直結することが多く、重大な事態を招きかねません。ただしその分だけミスなく終えられた時には、大きな達成感を味わうことが出来ます。またコスト削減への提案を行い、正しく実行されているかどうかも含め、経理の仕事は全てが目に見える形で残ります。これは経理ならではの仕事の遣り甲斐であるとも言えるでしょう。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)