総務ってどんな仕事?|総務の仕事内容と魅力について

総務は知られているようで意外と知らない職種かもしれません。総務と聞くと事務職を想像したり、「社内の何でも屋」のようなポジションを想像される方も多いでしょう。今回は総務について、その仕事内容や魅力的な点をご紹介させて頂きます。

総務の仕事内容

総務の仕事は多種多様、企業によっても総務・総務部が何をしているかは異なります。共通して言えることとしては経営陣含め、会社にある全ての部署と関わりがある数少ない部署であるという点です。総務の役割は会社や事業全体の運営を円滑にすることであり、全体をサポートとしていくことにあります。

会社を経営していく中では専門部署での対応が難しい、そもそも専門部署がどこかが分からない業務も発生します。そういった業務全般を総務部がサポートしていく為に「何でも屋」のイメージが持たれます。しかしただの何でも屋ではなく、会社を経営していくには不可欠な存在でもあるのです。

総務として想定される仕事としては、下記業務が起こり得るでしょう。

総務の仕事内容

・会社備品の管理、発注
・受付、来客の一時対応
・社内会議、社内イベントの企画や準備、運営
・交通機関、宿泊施設の手配
・建物、オフィス内の管理
・社内データの入力業務 など

上に挙げたものも、総務の仕事内容としては一部分です。総務の仕事内容は事業内容や企業規模によっても異なります。人数の多い大企業であれば分業されている業務も、中小企業であれば総務が行なっている場合もあります。

総務の仕事内容と企業規模

経理、人事、法務、広報など、会社内には「管理部門」と言われる様々な職種や部署が存在しています。ただしこの管理部門は必ずし全ての会社で1つ1つの部署や職種に分かれている訳ではありません。

会社によっては管理部門内で専門部署の無い業務全般を行なう部署を総務と呼んでいることもあります。その為、採用の為に求人を出すことや人材会社とのやりとり、応募者の対応など人事的な動きを総務が行なっていることも。あるいは総務の中でも「採用担当」「広報担当」など同じ部署や職種の中で担当者が割り振られていることもあります。

企業規模が大きければ大きいほど管理部門内での業務量も増え、専門部署の存在が必要になりますが、そこまで業務量が多くない仕事であれば総務が一括して引き受けている―――そんなこともあるのが総務という仕事です。

その為、総務での転職を希望する場合には「どこからどこまでを業務として行なうのか」を理解した上で入社した方が入社後のギャップは少なくなるでしょう。総務の経験があったとしても企業によって業務の幅が異なる為、前職・現職のイメージのまま転職してしまうことは控えた方が良いかもしれません。

総務は会社には不可欠

とはいえ、総務の存在は冒頭にご紹介したように会社や事業を運営する為には不可欠な存在ではあります。様々な部署と関わりを持つ事が出来る総務の働きによって、部署間の連携も円滑となり、順調な事業運営を行なうことが可能になります。

社内全体、そして経営陣との距離も近い部署である為に経営陣の考える会社の方向性を伝えていくことも総務の役割です。「目標に向かって社員全員一丸となって動いていく」、理想とも言える状況を作りだすことが出来るかどうかは総務が大きな使命を担っています。

そういった意味でも総務は会社には不可欠な存在。かつ経営者の視点や目線を学ぶことが出来るポジションであるとも言えます。

総務の特徴と魅力

総務の仕事は幅が広く、専門性に乏しいような印象を感じてしまうかもしれません。確かに多種多様で様々な業務をこなしていく必要はありますが、その幅広さこそ総務の魅力であり、自分の転職市場での市場価値を高めることが出来る職種です。

総務としてのキャリア、そしてやりがいなど、3つも観点から総務の魅力についてご紹介させて頂きます。

総務の魅力その1~汎用性の高いスキルを得ることが出来る~

総務の仕事は幅広く、経営に不可欠な業務。管理部内で専門部署が無ければ、総務が行なうこともあるなど「何でも屋」のイメージは否定が出来ないかもしれません。逆に言えば総務の仕事はどの会社に入社したとしても発生し得る業務であるとも言えます。

事務作業だけではなく会社によっては人事、広報などの業務を担当することもあるでしょう。そのような経験を積むことによってキャリアの幅も広げることが出来ます。また他部署との調整や連携を取ることは総務にしか行なうことが出来ません。

分業化がされていないからこそ、経験することが出来る仕事も多々あります。仕事は大変になるかもしれませんが、その分だけ

総務の魅力その2~経営者の近くで仕事をすることが出来る~

会社の規模が大きくなるほど、一般社員と経営者の距離感は物理的にも遠くなっていきます。会社としての方向性を社内に伝わりにくくなることと同様に、経営者と離れた部署内で起きている問題も経営者・経営陣の目の届く範囲から遠ざかっていきます。

その間に入り、互いの距離を近づけていくことが総務で経験すること出来る仕事です。またその為に社内イベントを企画することや、社内報・社内SNSなど広報業務を検討するのも会社によっては総務が担当しています。

経営陣と現場社員。双方を知っている総務だからこそ、経営陣の懐刀として動くことが可能になります。頼まれた仕事だけをただ行なうだけではなく、能動的に仕事をすることも総務では可能となるのです。

総務の魅力その3~ワークライフバランスを選びやすい~

総務がどこまで業務を担当するかは会社によって異なりますが、比較的ワークライフバランスは取りやすい職種です。もちろんここも企業によって異なりますが、汎用性の高い職種でもある為に総務経験を活かして転職することも出来ます。そういった意味でも自分のライフステージに合わせた環境を選ぶことが出来るでしょう。

ただし総務=働きやすい、ではなく入社する企業の総務がどのような働き方なのかを確認することはもちろん大切です。経験豊富な総務人材は転職市場においても大きな強みとなります。ご自身のライフステージに合わせた働き方を選択していくことで、総務のスペシャリストとして長く活躍していくことが出来るよう。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)