自動車・自動車部品メーカーについて~自動車・自動車部品メーカーの業界研究~

自動車は日本の主要な産業な一つであり、国際的にも高い評価を得ています。皆さんも普段の生活やお仕事で利用されている方も多いのではないでしょうか。日本の経済を支えてきて自動車業界は、転職市場でも高い人気を誇っています。しかし、実際に消費者として業界を見るのと、転職希望者として業界を見るのはまた別の話です。

そこで業界研究の情報提供として、今回は自動車メーカーと自動車部品メーカーをご紹介します。

自動車業界について

自動車業界の特徴

自動車メーカーとは、軽自動車や乗用車などを製造し、販売代理店などを通じて、消費者に販売する製造業です。

1台の自動車には、小さなものまで含めると約2~3万点の部品が使われており、こうした部品類を手がける様々な自動車部品メーカーや販社などと協力してグローバルに事業展開を行っています。日本の自動車メーカーは、グローバル市場においても上位の販売台数を誇っています。

国外への輸出が収益の大半を占めるため、為替変動に影響を受ける部分はあるものの多くの部品が使われているだけあって、関連する企業数も多いのでチームワークを特に重視しており売上額が数兆円規模にもなります。

多種多様な部品を生産する大手部品メーカーや、高い技術力をもって専門分野で優れたた製品を開発し、世界市場へ部品を提供しているメーカーもあります。

近年は技術の進歩により、軽自動車やハイブリット車の開発が盛んになり、より低燃費で耐久性やデザイン性の高い車を提供できるようになり、各社ラインナップを充実して、売上を急激に伸ばしてきています。現在は、電気自動車や燃料電池車の普及に向けて各社開発競争に励んでおり、今後も安定的な成長が見込まれます。

自動車業界の市場規模

自動車業界の市場規模は、68兆1700億円にもなります。アメリカや新興国などグローバルな事業展開により年々そのマーケットは拡大しています。日本の自動車企業は、販売台数と売上高で世界のトップを維持しています。

自動車業界の平均年収

自動車業界の平均年収は、700万円前後となります。職種や経験にもよって変わってきますが、自動車業界の給与の特徴としては20代は比較的安くなり、30歳を過ぎたあたりから年収600万円を超えてくる傾向にあります。30代中盤~30代後半で大手企業の課長職に就くと年収1,000万円を超えます。

自動車業界の平均年齢と平均勤続年数

自動車業界の平均年齢は39.4歳で、自動車業界の平均勤続年数は約17年となります。確定拠出年金制度、財形貯蓄制度など財産形成や退職後の保証など、長く務めた分だけ報われる福利厚生が整っている企業が多いので、比較的勤続年数は長い傾向にあります。

自動車業界の職種

自動車業界の主な職種は以下の通りです。

【開発系】
製品開発:新車の開発や、既に市場に出回っている車両の品質状況の監視と品質改良を担います。
開発管理:車両図面の改廃管理や開発スケジュールの管理などを担います。
生産技術:生産設備や生産手法を開発し運用していきます。

【生産系】
製造部門:自動車の製造を担います。
生産管理:納品スケジュール管理し、製造部門をマネジメントします。

自動車業界の特徴まとめ

1.為替変動に影響を受ける部分はあるものの、比較的安定して業績を伸ばしてグローバル市場でも上位にある。
2.様々な企業と連携して一台の車を製造する為、チームワークが大切にされます。
3.技術の発展により、今後も安定的な成長が見込まれます。

自動車部品業界について

 

自動車部品業界の特徴

自動車部品メーカーは、エンジンやブレーキなどの駆動部品、エアコンや照明、ハーネスなどの電装部品、シートなどの内装から板金などの車体、果ては小さいネジまで自動車に使用される2万点以上の部品を製造し、自動車メーカーへ販売する製造業です。

多くの自動車部品メーカーは、自動車メーカーの系列になっています。以前はその系列企業間での取引が主要なものでしたが、現在は新興国への市場拡大により、自動車メーカーとともに自動車メーカーもグローバルな事業展開を見せています。

自動車部品業界の市場規模

自動車部品業界の市場規模は、約26兆円にもなります。自動車の電子制御化に伴い、自動車の構成部品の点数は年々増加しております。また、近年では人口2位のインドが急激に発展しており、東南アジアを中心にさらなる拡大が見込まれます。

自動車部品業界の平均年収

自動車部品業界の平均年収は、580万円前後となります。企業によっても大きく変わります。大手企業では平均年収800万円にもなり、中小企業でも管理職になると同等の給与水準に達します。

自動車部品業界の平均年齢と平均勤続年数

自動車部品業界の平均年齢は40歳で、自動車部品業界の平均勤続年数は約16年となっています。業界の市場規模に比べると平均年収は低い傾向にありますが、自動車部品業界と同様に福利厚生が整っているため、安定して長く勤められる環境にあります。

自動車部品業界の職種

自動車部品業界の主な職種は以下の通りです。

●製品開発:新製品の開発と市場に出回っている既存製品の品質管理を行います。

●生産管理:顧客から受注した製品を納期通り納品し、製造部門への生産製品の種類、生産数量、完成納期などのマネジメントを担います。

●購買:生産に必要な部材を、二次請けメーカーへ発注するとともに価格折衝を担当します。

●品質管理:欠陥品の調査とともに、そのデータを収集・管理・分析し、社内外で共有する役目を担います。

自動車部品業界の特徴まとめ

1.自動車メーカーと同様に為替変動に影響を受ける部分はあるものの、今後も安定した成長が見込まれます。
2.新興国への進出により、グローバルな事業展開を見せています。
3.自動車メーカーの系列企業が多く、長く安定して働ける業界と言えます。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)