転職前に知っておきたい「賞与」について|賞与の意味と企業選びについて

「昇給年1回、賞与年2回」給与制度にはこのように記載されている求人が多いかと思います。この賞与とはどのようなものなのか?もしかすると新卒で入社した1社目の企業が、年に2回の賞与があるのであれば「あって当たり前のもの」だと思ってはいないでしょうか?

今回は転職前に知っておきたい情報として「賞与」をご紹介したいと思います。

そもそも「賞与」とは何?

賞与とはボーナスとも呼びます。賞与は定期的に支払われる給与とは異なり、特別に支払われる給与を指しています。一般的に日本の企業で「賞与年2回」と記載されているのあれば夏季、冬季に賞与が支給されているでしょう。

一方で定期的、定額的に支給されることが決まっている給与は賞与とは呼びません。あくまでも特別に支払われるものを賞与と呼びます。そのためその額も計算方法も企業によって異なり、基本給の〇カ月分、〇万円から個人の評価によって上下することがあるのです。

また賞与に関しては企業は従業員に対して必ず支払わなくてはならない義務もありません。したがって賞与は「あって当たり前のもの」ではありません。業績が良ければ支給し、業績が悪い際には支給がされないこともあり、あるいはそもそも賞与を支給していない企業もあります。

支給条件も支給時期も、金額も賞与はあくまで企業と社員間で自由に決めることが出来る仕組みです。その為に企業の業績だけではなく個人の成績や評価次第で支給しないことを決めることも可能になります。

賞与の回数も企業による

賞与と言えば年に2回、確かに一般的によく見る回数ではあります。ただし企業によっては年1回、年3回など賞与支給の回数も特に決まりがあるわけではありません。ここでは毎年支払われている夏季賞与、冬季賞与以外にも決算賞与が支給される場合もあります。

決算賞与と通常の賞与の違いは、その年の業績が見込みよりも優れていた場合に支給される賞与であるということです。普段よりも業績が著しく良かった時にのみ支給され、企業によって毎年見込み金額を上回っているのであれば複数年連続して支払われていることもあるでしょう。

その為に賞与年3回(夏季賞与、冬季賞与、決算賞与)が発生している企業もあります。決算賞与の支給タイミングとしては決算月の翌月となっている企業が多いようです。

賞与額の計算方法について

これまでご紹介したように賞与に関しては計算方法も法的な定めがあるわけではありません。あくまでも企業と、そこで働く社員間で取り決めされるものに従って支給をされています。

その為に企業規模によっても計算方法は異なり、中小企業であれば経営者が最終的に決定している場合もあるでしょう。何か計算式に基づいて計算している訳では無く、売上や利益から「経営者の頭の中」でその金額を判断していることも。これにも特に法的な決まりは無い為、特に問題無く、多くの企業でそのようになっていることが実情です。

成績や評価に対する制度が明確になっているのであれば、個人の成果・評価に基づいた計算式によって賞与額が決定します。賞与の基準となる額(これも月給〇カ月分の企業もあれば〇万円の企業もあります)に計算式によって出た数を掛け算する企業もあります。あるいは評価のランクに基づいた数を掛け算する企業もあります。

「賞与はこのように計算する!」というのも1社1社の考え方によって異なるものです。今の会社がこうだから・・・と先入観を持たずにしっかりと賞与算出方法を確認することで入社後のトラブルやギャップを防ぐことが出来るでしょう。

賞与は無いことも多いが、マイナスでも無い

求人票や求人内容に賞与に関しての記載が無い会社もあります。人によっては賞与が無い会社に不安を感じる人もいますが、賞与が無いことはそこまでおかしなことでもありません。

賞与はあくまでも業績に連動する給与です。会社の業績が良ければその年の賞与額は増えるかもしれませんが、一方で業績が極端に悪くなれば賞与は無くなる可能性も有り得ます。

しかし賞与が0になったとしても法的には特に問題はありません。※契約に基づき、定期的に支払われることが決まっていた賞与であれば問題はあります。

あくまでも会社が支払う義務があるのは定期給与です。年収が賞与によって500万円を超えた次の年に賞与が無くなり、定期給与のみの年収350万円だったとします。年収が下がったとしても会社の責務は果たしています。

何が言いたいのかと言えば「賞与は不安定なもの」であるということです。リーマンショックのような世界的不況に陥れば大幅に賞与額は下がることも想定されます。

中には先の不況を経て、従業員の生活を安定させる為に賞与をあえて無くしたという企業もあります。賞与は一度に支給される額も企業によっては大きく、嬉しいものですがリスクもあることを念頭に置いておきましょう。

つまり企業を選ぶ上で賞与額ばかりに気を取られてはいけません。

一方で景気に左右されにくい事業であれば、何十年にも渡りほぼ同額の賞与が支給されていることも。一時的なものを見るのではなく、長期的な目線で見ることが企業選びでは大切です。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)