施工管理ってどんな仕事?~仕事内容や魅力について~

よく未経験者採用で目にする職種の1つとして「施工管理職」が上げられるでしょう。好景気の建設業界では求人数も増加し続ける傾向にあり、大手・中堅・中小企業問わず未経験でも施工管理職として採用する企業が増えました。一方で普段の生活では施工管理職に触れる機会が少ないことも事実。なかなかイメージが付かないという方も多いでしょう。

そこで今回は施工管理職の仕事内容や種類、魅力についてご紹介します。

施工管理職の仕事内容

施工管理職の仕事内容は、その名の通り工事の準備段階から完成までを管理することが仕事です。よくある勘違いとして施工管理が現場での施工業務を行なうと思われている方がいますが、施工管理の仕事は施工業務ではなく管理をすること。

工事は現場の作業員はもちろんのこと、多様な技術者や関連企業が協力し合って1つのプロジェクトを完成させていきます。滞りなくプロジェクトを完了させるには各々の業務や必要な材料、また計画の進行度を管理する必要があります。その為に監督となる施工管理が各現場に必ず1名必要なのです。

施工管理が管理するものは「工程管理」「品質管理」「安全管理」「原価管理」の大きく4つに分けられます。

工程管理とは

工程管理とは工事がスケジュール通りに進んでいるのかを管理する業務です。ただチェックするだけではなく工事の進み具合に応じた人員・業者や必要な機械の手配なども管理します。工事が滞りなく、効率的に納期通りに完了させられるよう調整をしていくことが施工管理の仕事の1つです。

品質管理とは

完成した建造物が設計図書、仕様書に定められている通りに完成するよう管理・発注者への報告を行なう業務です。建造物は設計段階で使用する材料や大きさなどが細かく決められています。それが守られながら工事が進められるよう管理すること、また多くは写真を撮り発注者への方向資料として残します。

安全管理とは

現場での事故や怪我を防ぐ為に作業者への安全意識の呼びかけと、正しい手順で作業が進められていることを管理する業務です。作業者への安全意識を高めることだけではなく、作業者の育成や外的要因による危険要素を察知し排除すること、危険箇所の周知なども大切な施工管理の仕事となります。

原価管理とは

工事には工事に取り掛かる前から予定された原価があり、その予定原価を超えることが無いように日々掛かった費用を管理する業務です。当然工事が1日延びれば人件費含めた費用が発生し、原価を上げることに繋ります。その為に作業効率の向上や適切な品質管理を行ない、工事原価の低減を目指すことも施工管理の仕事です。

施工管理の資格・種類とは

施工管理といっても行なう工事の種類や目的に応じて必要な資格・知識・経験も異なります。資格によって種類分けをするのであれば6つの施工管理技士資格が存在します。

施工管理の種類

・土木施工管理技士
・建築施工管理技士
・管工事施工管理技士
・電気工事施工管理技士
・造園施工管理技士

土木、建築、管工事、電気工事、造園それぞれの業界で施工管理職がありますが、仕事内容の大枠としては先程ご紹介した4つの管理業務が中心です。しかし業種によって必要な知識や得られる経験は異なることを認識しておきましょう。

また施工管理職には施工管理技士という資格がありますが、資格を持っていない方でも働くこと、そして働き続けることも可能です。しかし資格を取得することで一般建設業、特定建設業の許可基準の1つである「主任技術者」や「管理技術者」を担当することが出来ます。

資格取得には定められた実務経験年数も必要であることから現場の経験や知識を保有していることを証明することにも繋がります。勤務先の企業へもメリットを与えることが出来る為、手に職を付けることが出来るといえるでしょう。

施工管理職の魅力

施工管理職の魅力や仕事上でのやりがいは人それぞれかもしれません。代表例として「達成感」「社会貢献性」「キャリア」の3つをご紹介します。

施工管理職の魅力その1~達成感~

施工管理では携わったもの、担当したもの、つまり自分の仕事によって完成したものが目に見えてカタチに残ります。業種によっては数億、数十億、また数百億やそれ以上のプロジェクトもあり長期に渡って残り続けることも多く、そのプロジェクトの巨大さは他の仕事ではなかなか経験することは出来ないでしょう。

プロジェクト自体が長期間に及ぶこともあることから苦労も多い分、建造物が完成した時には達成感と仕事のやりがいを得ることが出来ます。

施工管理職の魅力その2~社会貢献性~

携わった建造物が近隣に住む、あるいはそこに住む人々の暮らしを支えることや快適さを与えることに繋がります。国のインフラに関わるプロジェクトではより多くの人々に貢献することにもなり、地図に残る・歴史に残るプロジェクトにも関わることもあります。

国が絡むことも多いこの仕事では、その社会貢献性の高さから自身の仕事への誇りをも感じることが出来るでしょう。

施工管理職の魅力その3~キャリア~

施工管理職は業界が好景気の現在では、未経験からでも中途社員として目指すことが可能です。しかし1人前の施工管理職、特に1級施工管理技士を目指すには受講資格を得るまでに最長で11年6ヵ月以上の実務経験が必要となります。その分だけ資格保有者のメリットも大きく、資格保有者の在籍者数は技術力の証明にもなることから企業からも引く手あまたな存在です。

スペシャリストとして手に職を付けたいという方にとって、施工管理職は魅力的なキャリアであると言えるでしょう。

施工管理職について、まとめ

施工管理職とは現場での施工業務を行なう職業ではなく、工事が完了するまでを管理する職業のことです。工程、品質、安全、原価を管理することで発注者の要望通りに建造物を完成に導いていきます。

未経験者でも施工管理職として仕事を行うことは可能ですが、主任技術者や管理技術者としてキャリアアップを目指すのであれば資格取得は必須。その分だけ資格を取った後の自分の市場価値は大きく向上します。

担当するプロジェクトの規模や難易度にもよって大変なことも増えるかもしれませんが、そこで得られる達成感ややりがいも施工管理職ならではといえるでしょう。未経験でも中途から目指すことが出来る現在だからこそ、長期的目線での自身のキャリア形成の1つとして視野に入れても良いかもしれません。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)

1 個のコメント