転職時に知っておきたい「企業研究」3パターン

転職活動、就職活動は始める前の準備が大切です。主に言われることは自己分析、業界研究、企業研究など。

企業研究は文字通り「企業を研究」することですよね。しかし普段社外に関わる機会の無い職種の人は、何を調べれば良いのかがそもそも分からないこともあるでしょう。

そこで今回は「企業研究」について、企業の調べ方を3つの観点からご紹介します。

企業研究はなぜ大切?

企業研究はしっかりしましょう、と転職活動では様々なシーンで言われることでしょう。なぜ大切なのか、と問われれば1つは「相手に対して失礼の無いようにする為」という答えが出てきます。

面接官も当たり前ですが面接だけが仕事ではありません。他の業務もある中で時間を作って面接に臨んでいます。また自社で共に働く仲間を採用するのですから、慎重に、かつ真剣に面接に臨むことでしょう。

従って面接を受ける側も面接に真剣さが見られなければ、相手に不快感を与えるのはもちろんのこと、採用されることは難しいでしょう。なので企業研究、企業を事前に調べておくことは大切なのです。

他の理由は当然ですが、「面接で良いパフォーマンスを発揮する為」でもあります。そもそも企業研究が出来ていなければ内定を得ることは難しいでしょう。

しか最も重要な理由は企業研究は「自分が働く企業」を選ぶ為に行なうものです。事前に企業を調べて面接に臨まなければ入社後のギャップに繋がることもあります。

ひいては自分のキャリア形成を思い描いた通りに進ませる為にも、事前に自分でも企業を調べ、業界を調べ、仕事内容を理解しておく必要があるのです。

全く企業を知らずに面接を受け、たまたま内定を得て入社したとすれば入社後のギャップによる早期退職にも繋がりかねません。どれだけ企業研究に時間を割いたかは全て自分に返ってきます。

そこで次から企業研究の方法についてご紹介していきます。「ホームページ」「業界・業種」「お客様」という3つの観点から企業を読み解いていきましょう。

転職活動での企業研究その1~ホームページから読み解く~

転職活動ではインターネットを使ってまず対象となる企業のホームページ(コーポレートサイト)を確認することが、企業研究の第一歩です。ホームページを発見した際には、下記の項目をチェックしていきましょう。

ホームページでチェックするポイント

・事業内容=A・B
・代表者名=A
・経営理念/方針=A
・従業員数=A
・設立年月=A
・沿革(会社の歴史)=A
・IR情報/CSR活動 ※未上場企業の場合、掲載が無い場合もあります=D・F
・関連企業/グループ会社=A・E
・採用職種/仕事内容/労働条件=C

項目にそれぞれアルファベットを振りました。ホームページの中でカテゴリ別に分けられているページに対応しています。(例えば、事業内容を調べたい際にはAの項目をチェックしましょう。)

A=会社概要/企業情報
B=事業内容/サービス/サービス内容
C=採用情報
D=IR情報
E=グループ会社/グループネットワーク
F=CSR活動
※企業のよって名称は異なります。

面接を受ける企業のホームページはお知らせ欄を含めて隅々まで見ることが最も好ましいですが、最低限上記が掲載されている6つのページは確認するようにしましょう。

A、会社概要について

会社の基本的な情報が掲載されているページです。設立年月や従業員数などはもちろん要チェック。もし1次面接でお会いする可能性が無かったとしても面接時に質問されることもありますので「代表者名」も必ず確認しておきましょう。

B、事業内容/サービス/サービス内容について

企業が取り組んでいるサービスや扱っている商品、企業がどのような事業を行っているのかを紹介しているページです。専門性の高い企業であれば専門用語などが使われているケースもあります。分からないままにすることなく、不明点は調べておくようにしておきましょう。

C、採用情報について

採用を行なっている企業であれば、ホームページにも採用情報が掲載されている可能性が高いです。中には社内環境や社員インタビューなど、内容が充実している採用情報ページを持っている企業もあります。

社内環境において福利厚生・制度は確認しておくこと。また社員インタビューは「自分が選考を希望している職種」の先輩社員インタビューは必ず確認しておきましょう。

D、IR情報

上場している企業であれば投資家に対する広報活動としてIR情報を公開しています。現在の会社の状況や今後の方針が掲載され、内容も社外向けですので比較的分かりやすく作られています。これを企業研究に活かさない手はありません。

特に財務情報・決算報告などに添付されている決算報告時の説明会資料は確認しておきましょう。

E、グループ会社/グループネットワーク

関連企業や親会社、子会社、また資本提携をしている企業・業務提携を行なっている企業が掲載されているページです。入社後に業務上でやり取りをする可能性もあり、会社全体の動向を知ることにも繋がります。

グループ会社もどのような事業を行っているのかは一通り確認した方が良いでしょう。

F、CSR活動

CSRとは「corporate social responsibility」の略称です。その名の通り企業が事業活動を通して、関係する全ての企業・個人等に対して貢献するという社会的責任を負っていることを指します。つまりCSR活動とはその責任を果たすべく企業がどのような活動を行なっているかを表しています。

会社の規模が大きくなるほどその責任も増す為、一般的には上場企業や大手企業が公開しています。企業の取り組みや特徴を知るために有効な資料となりますので掲載されている際には確認しておきましょう。

ホームページ自体に意味がある

ホームページを見るポイントをご紹介させていただきましたが、ホームページに掲載されている内容には全て意味があります。その内容や種類を見るだけでもどのような企業なのかを知るための手掛かりとなります。

例えば企業の沿革(企業の歴史)。沿革を掲載している企業は設立してから長い歴史を持っている、あるいはその企業のターニングポイントとなった出来事を掲載していることが多くあります。

IR情報は上場していない企業は公開する必要が無いのですが、中には公開している企業もあります。それは社内だけではなく社外にも株主が多くいる、あるいは上場することを視野に入れて活動していると仮説を立てることが出来ます。

ホームページで掲載されている内容を頭に入れるだけでも十分な企業研究にはなりますが、「なぜこの内容を掲載しているのか?」と考えることでより深い企業理解に繋げることが出来るでしょう。

ホームページには企業の特徴・強み、そしてこだわりを掲載していることが多いからです。

内容が少ないホームページの意味

企業のホームページでは「私達はこのような会社です」と、社外に対して知って欲しい内容を掲載しています。一方で転職活動をしていると内容がほとんどなく、掲載されている情報も少ないホームページを見ることもあるでしょう。

情報量が少ないことを理由に、応募することを躊躇してしまう方もいらっしゃいます。しかし短絡的に決めつけてしまうことは良くありません。

内容が少ないということは社外に対してインターネット上で知っていただきたい情報も少ないということ。全くその企業を知らない人であればインターネットで検索することも多々あるでしょうが、その必要性を感じていないということです。

つまりこれまで取引のある(既にその会社を知っている)既存取引企業で事業が運営出来ている為、新規取引企業を必要としていない企業である可能性も有ります。

一方でホームページの充実化やデザインにこだわっている企業であれば、新規取引企業を増やすことに注力している企業かもしれません。新規取引先を増やすことは企業として一般的であるとも言えますが、充実度によってはWebマーケティングが強い企業である可能性もあります。

ホームページを利用した企業研究で危ういことはホームページの充実度、デザインだけで企業を判断してしまうことです。企業の本質はホームページだけでは測ることが出来ません。

ホームページに書かれている、あるいはデザインが良いだけで決めつけるのではなく面接なども通じて企業を知ることが転職活動を成功させるポイントです。

ホームページに書かれている内容が企業の特徴やこだわりを表していることも事実です。今回ご紹介させていただいたポイントは最低限確認しておき、面接に臨むことを心掛けましょう。

ホームページから読み解く企業研究まとめ

・企業研究は面接で良い結果を生む為にも必要な事ですが、入社後のギャップで自分が困ることが無いようにする為にも必要です。企業のホームページは基本中の基本として必ず確認しておきましょう。

・企業の特徴や強みを知ったうえで面接に臨むか、知らないままで面接に臨むかは大変大きな差を生みます。

・企業のホームページには、社外に対して知って欲しい内容が掲載されていることが多く、企業の特徴とこだわりを読み解くことが出来ます。掲載情報で分からないことがあれば事前に調べておくことも「入社意欲」を示す為に有効な手段となるでしょう。

・掲載されている内容量やデザインで端的に判断してしまうことは高いリスクが伴います。「なぜこの情報を掲載しているのか?」と仮説を立て、面接時に企業への質問内容に反映させることもホームページの情報から行なうことが出来ます。

・ホームページは面接に臨むうえで必要な情報を得る為に有効ですが、自分の転職先として決める為にはより多くの情報を得て判断した方が良いでしょう。

転職活動での企業研究その2~業界・業種から読み解く~

企業研究はその会社のホームページを見るだけではなく、顧客・業種を調べることも企業の理解を深めることに繋がります。企業研究について、業界・業種から読み解く方法をご紹介します。

なぜ業界・業種を調べる?

新卒の就職活動では希望する業界に絞って就職活動をする方が多いですよね?一方で転職活動では業界ではなく、職種・休日・給与・福利厚生など条件面に絞られる方が多く見受けられます。

その為、転職活動では業界研究を行わないことも多いでしょう。しかし企業について知るためには、そもそも業界・業種についての知識を付けた方が良いのです。

企業へ転職するということは企業が属する業界・業種に自分も属することを決めるということです。その為に業界全体の成長性・将来性を事前に調べておくことは、自分の将来(10年後、20年後)を考える上で大切な事。

また業界・業種を調べておく利点としては、転職先となる企業と同業他社はビジネスモデルが類似しているという点にあります。

同じ業界・業種内では仕事内容が似ている

同じ業界・業種の会社であればビジネスモデルに共通点が多々見られます。身近な業界であればイメージが付き易いでしょう。

たとえば自動車を製造しているメーカーであれば自動車の製造方法、工程、マーケティング、販売手法など、微妙な違いはあれど大まかな流れは同じものであることがイメージ出来るでしょうか。

飲食店やスーパーマーケットなどはいかがでしょうか?1つのスーパーで働いたことがある人は、他のスーパーで働いたとしても「何となく」仕事内容がイメージ出来るでしょう。

ビジネスモデルが似ているということは、社員が行なっている仕事内容も似ている可能性が高いのです。

企業の採用情報に掲載されている仕事内容を見ても、なかなかイメージが付きにくかった時にこのことが役立ちます。同業他社で掲載されている同職種の仕事内容を見ることで、仕事内容がよりイメージしやすくなることに繋がります。

この記事を作成している弊社、(株)チェンジバリューは転職支援・人材紹介を行なっている企業です。弊社が営業職を募集しているとすれば、仕事内容は同業種である人材紹介業界の企業と近しいものになるでしょう。

「人材紹介(業種名) 営業職(職種名) 採用」とインターネットで検索すれば採用情報が多々掲載されており、仕事内容や事業内容の理解にも繋がるでしょう。

業界・業種を調べることで企業理解に繋がる

ビジネスモデルや仕事内容が似ている為、同業他社を見ることで仕事内容・事業内容の理解に繋がることをご紹介させていただきました。対象となる1社だけを調べていてはイメージが付きにくいことも頻繁に起こり得ることです。

なぜならば1社だけでは情報が限られてしまうからです。

同じ業界・業種内でビジネスモデルが似ているといっても何かしらの「違い」が企業にはあるもの。同じ業界・業種内での違いが企業の特徴であり、企業としての強みとなります。

1社だけを調べていては比較対象が無く、違いを知ることが出来ません。だからこそ業界・業種の他社を調べることが必要なのです。

面接でも、企業の事業内容や仕事内容を単に理解している方と、同業他社との違いや企業特有の強みを理解している方では話す内容に大きな差が生まれます。

特に志望動機においては企業の違い・強みを内容に盛り込むことで「入社意欲の高さ」が更に伝わるようになるでしょう。※志望動機の作成方法は下記の記事を是非参考にしてください。

志望動機の考え方について~作成ポイントと手順~

業界・業種の調べる方法

どうしても業界・業種の調べ方が分からない、という方もいらっしゃるでしょう。そこで調べる方法の代表例を4つご紹介します。

業界・業種の調べ方

・インターネットで検索する
・書籍を購入する
・転職支援会社を利用する
・業界・業種に所属している知人、友人に尋ねる

・インターネットで検索する
先程もご紹介させていただきましたが「業界名(業種名) 職種名 採用」で同業他社の採用情報を見ること、また「業界名(業種名) 動向」などで業界のトピックや流れを把握しておくことも良いでしょう。

また比較的情報量の多い同じ業界・業種の大手企業を調べておくこともお勧めします。

・書籍を購入する
こちらは難しい本を購入する必要はありません。新卒時の就職活動でよく読まれている「業界地図」などを購入し、業界全体の大手企業や職種を把握しておくと良いでしょう。

業界によっても異なりますが新しい情報を得ることが望ましく、発行年度はなるべく現在に近いものを選ぶことをお勧めします。

・転職支援会社を利用する
転職支援会社・人材業界の企業は多種多様な業界との取引がある為、業界・業種の知識も幅広く保有しています。その為、転職支援会社を利用してキャリアアドバイザーに業界について、業種について質問してみることも良いでしょう。

また紹介された企業の同業他社との違いや強みを聞くことも出来るでしょう。

・業界・業種で働いている知人、友人に尋ねる
もし自分が転職しようと考えている企業の同業他社で働いている知人や友人がいらっしゃれば、話を聞いてみることも1つの手です。

自分と職種が異なれば仕事内容に関しては深く聞くことが出来ないかもしれませんが、業界・業種全体のビジネスの流れや動向については聞くことが出来るでしょう。

なるべく新しく、信ぴょう性の高い情報を得ること

どの業界・業種でも昔と比べてビジネスモデル自体の変化や動向が早まっています。その為に得る情報はなるべく新しいものである方が良いでしょう。

またインターネットで検索した場合、業界・業種についても多くの情報を得ることが出来ますが・・・信ぴょう性の低い情報や誤った情報が出回っていることも事実です。

情報を得る手段や情報元の選別はしっかりと行い、なるべく情報が新しいこと、そして信頼のおける情報元から信ぴょう性の高い情報を得ることを忘れずに情報収集は行ないましょう。

業界・業種から読み解く企業研究まとめ

・業界・業種を調べることは調べたい会社のビジネスモデル、仕事内容を深く理解することに繋がっていきます。

・1社だけでは情報に限りがありますが同業他社は世の中にたくさんあり、多くの企業を見ることで内容を知ることだけではなく同業他社との違いやその企業特有の強みを理解することも出来るでしょう。

・情報の収集方法は様々ですが、新しい情報であること、そして信ぴょう性の高い情報を集めることを心掛けてください。情報が誤っていればせっかく企業研究に掛けた時間も無駄になってしまいます。

・正しい企業研究を入念に行い面接に臨むことで、面接時の緊張感やパフォーマンスにも大きな差が生まれていきます。

・選考を受ける企業について調べ、業界・業種について調べる。転職活動は時間も限られているものですが、最低限この2つについては調べて面接に臨みましょう。

転職活動での企業研究その3~お客様から読み解く~

ホームページや業界・業種から読み解く方法をその1、その2ではご紹介させていただきました。もちろん企業を知る為の方法はそれだけではありません。

今回は企業研究方法として面接を受ける企業の「お客様(ユーザー)」から読み解く方法をご紹介します。

なぜ「お客様」を調べる?

企業研究を行なうにあたり面接を受ける企業のお客様、どこの誰に対して商品やサービスを提供しているかを調べるのは有効なことです。当たり前化も思うかもしれませんが・・・

企業は外部に対して何かしらのサービスを提供しているからこそ利益を得ることが出来ているのです。

だからこそ企業がどこの誰に対してサービスを提供するかによって、仕事内容や働き方にも影響が出ます。お客様を調べることは企業のビジネスモデルへの理解にも繋がりますが、転職後のイメージを膨らませることが出来ます。

「法人向け」か「個人向け」か

まず大きく、法人企業向けにサービスを提供しているのか、個人の消費者向けにサービスを提供しているかに分けられます。

法人向けにサービスを提供しているならば、どの「業界」の「職種」向けにサービスを提供しているかに更に細分化することが出来ます。また個人向けであれば「年代」「性別」などに細分化して考えてみましょう。

また法人向けに商品・サービスを提供している企業であっても、実際に商品・サービスを利用する「エンドユーザー」は異なるケースも。企業によっては法人・個人ではなく、官公庁や公共機関向けであることもあります。

仕事へのイメージを膨らませる為に

お客様を企業研究時に調べることは、入社後の自分が担当する仕事へのイメージを膨らませることに繋がります。

営業職であれば事前に「どこの誰に」対して営業活動をするのかを考えることで、どのようなアプローチ方法があるのか、打ち合わせではどのような会話がなされるのか、どのような提案が喜ばれるのか…想像を膨らませることが出来ます。

営業職だけではなくマーケティング職、営業事務職、企画職、広報職など、お客様と関わる機会のある職種での選考を希望するのであればお客様を調べておくことは必要な事だと言えるでしょう。

お客様によって必要となる「知識や経験」が異なる

同じ業界・業種の企業であってもお客様が異なれば、仕事上で必要になる知識・経験も異なります。

例えば機械メーカーに応募することにしましょう。機械メーカーが製薬会社向けの商品を製造していれば、打ち合わせの際にも化学への知識が必要になります。建設会社向けの商品であれば建設業界への知識や用語が必要になります。

つまり応募する企業の業界・業種が未経験であったとしても、お客様の業界・業種への知識や経験があれば面接の際にアピールの材料にすることも出来ます。逆に言えば応募する企業の経験者であっても、転職先のお客様が異なれば新たな知識や経験の習得は入社後に必要になるでしょう。

働き方はお客様次第でもある

企業がお客様に対して価値を提供することで利益を得ている以上、企業へ入社後の働き方はお客様次第だということも認識しておきましょう。

応募している企業が土日休みだったとしても、サービスを提供している先が平日だけではなく土曜日・日曜日も動いていれば自分も土曜日や日曜日に対応が発生することもあります。

もちろん単にお客様が動いているからと言って、自分も全て対応する必要があるわけではありません。どこまで分業化しているかや、サービスの提供方法次第で働き方も変わってきます。

個人向けにサービスを提供している企業の多くが平日だけではなく土曜日、日曜日にも稼働しているのは、お客様が求めているからでもあります。入社後のギャップを生まないようにする為にも、自分で仮説を立てておくことは重要。

自分で仮説を立てた上で面接時に確認することで、更に入社前後のギャップ無く企業に入社することが出来るでしょう。

お客様から読み解く企業研究まとめ

・企業研究時には企業のホームページ、業界・業種などから対象企業だけを調べるだけではなく「お客様(ユーザー)」についても調べてみましょう。

・直接のお客様だけではなく、実際に商品やサービスを利用するエンドユーザーについても調べることをお勧めします。

・自分が応募する企業・業界・業種の知識や経験が無かったとしても、お客様への知識や経験があれば面接時のアピールポイントとしては有効になります。

・企業の中だけを調べることが企業研究ではありません。企業の外を調べることも企業への理解を深めることに繋がります。ぜひ様々な観点から、企業研究を行なってみましょう。

 

以上で企業研究の方法を3パターン、ご紹介させて頂きました。

もちろんこの方法が全てではありません。企業研究は頑張ろうと思えばいくらでも研究することが出来ます。帝国データバンクに問い合わせてみる、OBを探してアポを取ってみる、実際に商品を買ってみる、サービスを利用してみる…とキリがありません。

今回は転職活動で企業研究を行なう際に、最低限行った方が良いと考えられる3パターンです。でも、企業研究がバッチリであれば面接が上手く行くわけでもありませんよね?

次のページではせっかく行なった企業研究の活かし方をご紹介していきます。

企業研究を活かそう!

企業研究を十分に行ない、満足してはいけません。(知らなかった業界やサービスなどを知ることは人によっては面白いかもしれませんが・・)

折角行った企業研究をぜひ転職活動に活かしましょう。企業研究の成果は「企業を選ぶ時」「面接を受ける時」に大変役立つものです。

企業研究をしっかり行えば、主に下記の項目で役立てることが出来ます。

企業研究の成果が活きる時

・やりたい仕事や将来のキャリアを考える時
・自己PRを考える時
・志望動機を考える時
・企業に対しての逆質問を考える時
・異業種・異職種に転職する

やりたいこと探すには「外の世界」を知ることも必要

やりたい仕事や将来のキャリアを考えるには「外の世界」を知ること、見ることも必要です。

今の会社でやりたいことが明確に見つかっている人は必要無いかもしれません。漠然と「何がしたいのか」迷ってしまっている人…何がしたいのか?ではなく、世の中には「何があるのか」を知らない場合があります。

やりたい仕事の探し方については過去のこのような記事を書きました。

やりたい仕事を見つけるには?~仕事探しのコツとポイント~

外の世界を知る為に企業研究は大いに役立ちます。せっかくの転職活動の機会、企業研究を行なうことで「やりたい仕事」や「将来のキャリア(ビジョン)」が見えてくるかもしれません。

「企業研究」をしたのか面接官は分かっている

面接官を行なった経験のある人であれば分かる感覚だと思いますが、企業研究をしてきたのか、してきていないのか、は意外とすぐに分かります。

1次面接の前に会社説明会を行なっている企業であれば、企業研究はそこまで行なっていなくとも問題無いかもしれません。また1次面接の前半で企業の説明を丁寧にしてくれる企業ももちろんあります。

特に新卒採用では企業説明会を行なっている場合がほとんどですよね。だから中途でも同じ感覚になってしまう時もあるでしょう。

しかし大抵の中途面接は「企業のことをある程度分かっている=企業研究してきている」ことを前提として面接します。その為、企業研究をしていない人は面接の通過率が大きく下がってしまいます。

逆に言えば、企業研究してきた成果を面接で活かせれば…他の候補者に差を付けられるかもしれません。

自己PRを考えるときに、応募先企業で活かせる経験やスキルを盛り込んで話せるように準備しましょう。

志望動機は企業研究を行った上で考えれば、他の候補者とは一味違う「企業も唸る」志望動機が出来るでしょう。

企業研究を行なう中で分からないことも出てくるでしょう。それが企業に対しての質問=逆質問になります。

※それぞれに関する記事はこちら。

自己PR作成方法について~なぜ自己PRが必要か?~

志望動機の考え方について~作成ポイントと手順~

逆質問について~面接で避けるべき3種類の質問~

企業研究は慣れていない人にとっては正直良く分からないし、手間もかかります。だからと言って企業研究をしないことで、折角の転職活動や面接に使った時間が無駄になってしまうかもしれません。自分だけではなく、面接官にも言えることかもしれません。

後々になって転職したことを悔やむことが無いように、企業研究を始め、転職前に出来る準備はしっかりと行いましょう。今回ご紹介した記事があなたの役に立てたのであれば嬉しく思います。

もしエージェントを利用して相談したい!と言う方は弊社にもお気軽にご相談ください。あなたの転職活動が上手く行くことを心から願っております。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)