転職で求める英語力~企業の考えとポイント~

培った英語力を活かした仕事をしたい…新卒時にそんな期待を胸に入社した企業では思っていたよりも英語を活かせる環境では無かった。あるいは社会人生活を送りながら学んだ英語力を活かせる企業に転職したい。そう感じて初めて転職活動を行なう人も少なくはありません。

しかし実際にはどの程度の英語力が転職活動では求められるのでしょうか?そこで今回は転職活動で求められる英語力と、面接のポイントをご紹介します。

英語力の選考基準について

求人情報では「求める人物」や「必須スキル」など書類応募に必要なスキルや経験が記載されています。英語に関する記載があれば多かれ少なかれ英語を使う機会のある仕事だと言えるでしょう。

求められる英語のレベルは「TOEIC」や「英検」で記載されていることが一般的です。現在の目安としてTOEICであれば550点以上が、英語を使う企業で最低限求められるレベルです。(資格欄にもTOEICスコア550点未満は記載することをお勧めしません。)

ただしTOEICを中心とした英語・語学系の資格はあくまでも参考程度に企業の採用担当者は見ています。英語の最低限レベルとしてTOEICスコア550点以上、というのも550点であれば基本的な英語は理解出来る(だろう)という想定によるものです。あるいは英語の学習に対して前向きである意欲と、英語を使うことに抵抗感が無いことも感じ取ることが出来ます。

従ってTOEICスコア550点程度の英語を求める企業であれば、「英語に関しては入社後に教育をしていくので、現時点での英語力は高いことが必須では無い」あるいは「英語が稀に使うこともあるが、日常的に使うことは少ない」企業であると言えるでしょう。日常的に英語での読み書きが必要となる企業であればTOEICスコア700~800点以上、が求められる場合が多くあります。

資格による英語力レベルはあくまでも目安

英語を活かすことに重視した転職活動を行なっていくと「ビジネス英語」や「英語を使った実務経験」という言葉が散見します。ビジネス英語は言葉通り、日常会話ではなくビジネスシーンに適した英語を指しています。ビジネスでの会話でよく出てくる言葉を理解しているか、日本語で言う所の敬語が出来るかどうか、がポイントです。

英語を使った実務経験がある人はビジネス英語、英語を使った実務経験の両方を満たすことが出来ます。一方で英語での実務経験が無い方は、上記を求められる企業への転職は難しくTOEICスコアや英検で代替出来るものではありません。

このようなことからも英語での実務が未経験の場合、まずは英語を使える企業へ転職することで自分の新たな市場価値を得ることが出来ると言えます。企業が求める英語力として「TOEIC」や「英検」はあくまでも目安や参考だと認識しておきましょう。実際にどの程度の英語が必要かは、面接や会社からの説明で確認しておくことが重要です。

資格でアピール出来るポイント

自分の英語力は実務経験が無くとも資格や海外への留学・滞在経験などで示すことが出来ます。ただし資格はあくまでも資格ですので、特に英語を中心とした語学系資格は同じスコアであっても同一の英語レベルを持っているとは言い難いもの。仕事では読み書きだけではなく話すことや話を聞くことなど様々なコミュニケーション方法が求められるからです。

特に日常的に英語を利用する企業では、資格のアピールだけで面接を突破することは難しいでしょう。英語での面接や、英語力を判断する試験があることも。英語を使った仕事が「実践出来るかどうか」がポイントとなります。

とはいえ、資格を取得することは立派なアピールポイントになります。

英語・語学系資格のアピールポイント

・取得資格に応じたレベルの英語力を習得している
・英語、語学に対して学習をしている意欲や姿勢
・学習を続けることが出来る継続性・忍耐力 など

単に英語レベルを証明するだけではなく、上記のようなアピールをする際にも資格は有効。資格は自分の強みをより際立たせる為の根拠になります。英語が必要ではない企業であったとしても自分の強みや能力は資格によってアピールが可能ですので、副次的な効果も期待出来るでしょう。

英語+αが求められる

英語を活かせる仕事に転職するには、当然企業が求める英語レベルであることは必須です。ただし英語を使う仕事において、英語力はあくまでも仕事を行なう為の土台。書類上では英語レベルだけを純粋に求める新卒とは異なり、英語に関わらず中途の転職活動では社会人としての経験値が求められます。

英語力のある人を企業が採用したいと考えた時、企業も単に「英語が話せる人」を採用したい訳ではありません。新卒採用でも「英語を話せる人」は採用することが出来ます。中途採用では「英語を話せることを前提に募集職種に適した経験・人柄の人」を採用したいと考えています。

英語を使える仕事=英語が最も重要視される訳では無いことを認識することが大切です。

重要な異文化への対応力、マーケティング力

英語を使うということは日本国内外の企業や担当者と共に仕事をするということ。異なる慣習や文化を持つ相手とビジネスを行なう為の対応力が求められます。

営業職やマーケティング、外部に対して仕事をする職種であれば、相手を知る為のマーケティング力も必要になるでしょう。従って単に英語が出来ることだけで、仕事の能力を証明する訳ではありません。

通常の転職活動と同じく、現職での実績やスキル・経験が英語が必要な転職先でも求められます。確かに英語や他の語学を学ぶことは自分の可能性や仕事の幅を広げてくれます。ただしそれが全てではありません。

まずは国内で、英語を使わずに仕事をしていたとしても現在の仕事で成果を出すことに集中しましょう。英語を活かしたいと考え、転職活動を行なう時にも必ずそれが評価されます。英語を活かす為に、英語に固執しないことが転職では必要になるのです。

転職で求める英語力まとめ

今回は転職活動で求められる英語力とポイントをご紹介しました。英語を必要とする転職先であれば、求める最低限のTOEICスコアはおおよそ550点以上。基礎的な英語が出来ることと、英語に対して抵抗が無いことを証明する材料になります。

ただし日常的に英語を使うことが求められるのであればTOEICスコア800点以上を目指すことを、まずは目標にしましょう。もちろんそれでも「実務経験」が無ければ書類選考の基準に足り得ないこともあります。

英語を使って仕事をしたいと本格的に考えるのであればスコアに満足せずに英語の学習を継続的に続けることをお勧めします。またTOEICでは測れないライティングやスピーキングなども仕事では必要になることを忘れずに。英語で面接を行なう企業もあります。

重要なのは英語はあくまでも目安や仕事をする為の土台であり、仕事上での能力すべてを表すものでは無いことを認識すべきです。転職で重要なのは現職での経験・実績やスキルであることは英語を使う・使わないに関係ありません。

現在の仕事で自分の能力や経験値を高めていくことも、自分が目指したいキャリアの実現に繋がっています。英語が使えないからと言っておざなりにすることなく、実績や成果を出すことに集中しましょう。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)