転職活動の流れータイミングを逃さない転職活動ー

転職活動を決意したあなた。

ただ何から始めれば良いのか分からず、途方に暮れてズルズルと転職できないままにいる人も少なくありません。または焦って転職活動を行い、勢いで転職した先では思っていたイメージとは乖離があり、結局転職してしまう人も多数いらっしゃいます。

転職活動の流れを正確に把握しておくこと、おおよそのスケジュール感を掴んでおくことは非常に重要な事です。今回は初めて転職活動を行なう方向けに、転職活動の流れと失敗しない為のポイントをご紹介します。

転職活動の流れ

転職活動では大きく3つの段階があります。

転職活動の流れ

1、転職活動に向けた準備(情報収集、書類準備)

2、転職活動(書類応募、面接)

3、転職への準備(引継ぎ、退職)

現在在職中の方であれば、準備を始めて実際に転職先へ入社するまで早くても3か月間は必要です。もちろん現職の在職期間や、仕事内容、役職などにもよりますので、あくまでも参考までに留めておきましょう。

転職活動に向けて準備を行なう期間にも影響されます。例えば準備を1週間、転職活動が1か月間、であれば後は転職への準備(引継ぎや退職)にどれだけ時間が掛かるかが自分の転職活動期間となります。

逆に転職活動に向けた準備に1ヵ月、面接などの転職活動に3ヵ月(内定をもらったが辞退を繰り返すなど)だとすれば、引継ぎや退職まで5カ月程度は掛かるでしょう。転職したい(転職先に入社したい)時期が決まっている方は、現職を退職するまでにどの程度期間が必要なのかを逆算する必要があります。

退職までにかかる期間を知っておくべき

中途入社は4月入社が決まっている新卒採用とは違い、早めに入社していただきたいと考えている企業が大半です。

また20代であれば、1か月後~遅くても3か月後には入社が可能だと考えている企業が多くあります。その為、面接時に「いつ頃入社が可能ですか?」という質問に誤って答えてしまい、後々にトラブルにならないよう、自分がどのくらいの期間があれば退職が可能なのかを事前に把握しておくことは大切です。

入社1年目の方であれば、一般的にはそこまで責任あるポジションも任されていない方が多いはず。引継ぎにも時間は掛からないか、引き継ぐことも無いかもしれません。退職までは法律上最短で2週間、あとは会社の就業規則にもよりますが、転職先が決定して1か月後には次の企業に入社することが可能です。

入社2年目~3年目の方は後任に引き継ぐべき業務量にもよって退職までかかる期間は変動します。バックオフィスであれば自分が担当している業務や管理していたデータを後任に引継ぎ、営業職であればお客様の引継ぎが発生するでしょう。退職を伝えてから退職まで、1ヵ月~1か月半は見ておいた方が良いかもしれません。

入社4年目を超えてくれば、人によって退職までの期間は大きく変わってくるでしょう。リーダーやマネージャーとして、部下やチームを牽引している方も多くなります。そうなれば自分の業務だけではなく、チームメンバーや任された立場を引き継ぐことも必要になります。退職の引き留めも強くなり、会社と何度も話し合いの場を設けられる可能性も有ります。スムーズな退職を目指すのであれば、退職相談は早めに伝えておきましょう。場合によって3ヵ月~6ヵ月、退職まで期間を有する場合もあります。

会社の就業規則を確認しておこう

会社の就業規則には、退職をいつまでに伝えるべきかが記載されています。1か月前に伝える、と書かれている会社が多い為に自分の会社も1か月前だと思い込んでしまっている方もよくいらっしゃいますが、会社によっては2ヵ月、3ヵ月前に伝えると記載されているケースもあるので注意しましょう。

ただし会社の就業規則は、あくまでもその会社のルールであり、法律上絶対的なものではありません。つまり書かれているからといって必ずその期間を守らなければならない訳ではありませんが、会社との話し合いの場でトラブルにならないよう事前に確認はしておいた方が良いでしょう。

「転職」=企業の「採用」であることを忘れない

企業が中途社員を採用する理由は在籍社員の退職に伴う欠員補充、事業拡大などによる増員など様々な要因があります。年中採用している企業もあれば、突発的な理由によって1名採用したいと考える企業もあるでしょう。あなたが転職するには当たり前のことですが、採用を考えている企業があってこそのこと。

転職活動に向けた準備を行なうにあたり、自己分析を行い、自分にはどのような仕事が向いているのか、どのような企業に転職したいのかを考えていくでしょう。就きたい仕事、入社したい企業を実現させる為には、対象となる企業が社会にどの程度存在するのか、そして現在何社が採用を考えているのか、情報収集とその採用タイミングを逃さないことが最も大切です。

転職タイミングを逃さない為に

転職する為のタイミングを逃さない為には『1、転職活動に向けた準備』は早めに行なっておくことが大切です。企業の採用タイミングは上述のようにいつやってくるのか外からでは予測が難しいものです。転職希望として対象となる企業が採用を始めてから転職活動に向けた準備を進めてしまうと、既に複数の応募が来ている場合があります。

自分が入社したい企業は、自分だけが希望をしているはずはありません。自分以外の誰かも入社を希望しているでしょう。採用が始まった時にすぐに応募が出来るような体制を作っておくことと、面接でもしっかりと話が出来る準備をしておきましょう。焦って転職先を探すことは得策ではありませんの、今すぐに転職をしたいと思っていないとしても、準備をおくことに損はありません。

転職するということは自分を採用したい企業があってこそだということを忘れず、採用したいと思ってもらえるように、スムーズな転職活動を行なう為には転職に向けた準備を徹底して行いましょう。

転職活動の流れまとめ

準備~入社まで、転職活動にかかる期間は早くても3ヵ月。転職活動をスムーズに進める為には、いかに書類応募や面接に進むまでに転職活動に向けた準備をしっかり行えるかが重要です。

転職先が決定してから退職、入社までは今の自分の仕事がどのくらいの期間で後任に引き継ぐことが出来るかによりますので、一般的な期間と自社の就業規則を参考にして、自分がどのくらいで退職できるのかを事前に確認しておきましょう。

転職を希望する企業に入社するには、対象企業が採用するタイミングを逃さないことが重要です。その為に、転職する為の準備は早めに行ない、転職活動を行なえる状態を作っておくことが必要です。

転職活動にかかる期間はあくまでも一般的なものですので、全てが自分に当てはまる訳ではありません。様々な情報に惑わされずに、焦らず自分の状況にあった転職活動を行ないましょう。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)