転職時の面接の流れについて~一般的な面接想定質問~

転職活動で避けて通れないもの。それはもちろん面接。初めて転職活動を行なう方は面接でどのような質問をされるのか、質問に対しての答えは面接でどのように答えれば良いのか…不安に感じてしまうのではないでしょうか?

そこで今回は転職時の面接について、一般的な面接の流れと想定質問をご紹介します。

面接内の流れについて~序盤から終盤~

面接は一般的におおよそ30分~60分程度行われ面接を受ける方の回答するボリュームによって面接官の質問数は異なります。ただしどの企業へ面接に行ったとしても聞かれる質問がおおよそ決まっているのは面接序盤での質問です。

面接中盤戦、終盤戦になるほど話の内容は深く、また面接官もこれまで話した内容と一貫性があるか(嘘をついていないか)確認することも多くなるでしょう。従って面接はおおよそ「序盤戦」「中盤戦」「終盤戦」で質問の内容を分けて想定することが出来ます。

面接序盤の想定質問とポイント

面接序盤での質問は面接を受ける人の人柄や経験、転職を考えている理由など大まかに聞かれるため事前に考えておくことも可能でしょう。また自己分析をしっかり行なっておくことで答えられる質問がほとんどです。

面接序盤での質問例

・自己紹介をお願いします。
・転職/退職の理由は何でしょうか?
・志望動機を教えてください。
・仕事選びで何を特に大切にしていますか?(何を基準に企業を選んでいるか)

まだ面接の序盤戦は空気も硬く相手も様子を伺っている状態。いきなりトリッキーな質問が来ることも少ないでしょう。上記質問を上手く答えられるようにするだけで面接中盤戦、終盤戦の雰囲気も大きく異なります。

それぞれ質問に対しての準備は下記の記事を是非参考にしてみてください。

面接時の自己紹介について~より魅力的な伝え方~

退職理由の伝え方~面接官を納得させる3つのポイント~

志望動機の考え方について~作成ポイントと手順~

空気も硬めで未だお互いのことも分からない序盤戦。当たり障りのない質問が来ることは想定されますが、その後の面接を左右するのも序盤戦であることを心掛けましょう。「終わりよければすべてよし」は面接では通用しません。また質問だけでなく服装、身だしなみ、ビジネスマナーなど第一印象を出来る限り良くすることで面接序盤戦の雰囲気も変化するでしょう。

第一印象が良くない、転職理由が納得できるものでは無いことで面接序盤戦で合否が決まってしまうことも心得ましょう。 

面接中盤戦の想定質問とポイント

面接中盤戦は仕事内容やスキル・経験に関する確認などが中心になることが多いものです。今の自分の業務内容や次の企業で活かすことが出来る知識やスキルは事前に準備した方が良いでしょう。

面接中盤での想定質問

・現在(前職)の仕事内容はどのようなものですか?
・あなたの長所/短所は何でしょうか?
・自己PR/アピールポイントは何でしょうか?
・なぜ(応募職種)をやりたいと思ったのでしょうか?
・これまで頑張ってきたことや成果を挙げたことは何ですか?
・成果を上げるために行なってきたことはありますか?

面接中盤戦では人柄以上にスキル面に重点が置かれます。ただし序盤戦と同じく話している印象、話を聞いている印象面は面接官がチェックしているポイントになるため注意が必要でしょう。

「あなたはどのような人ですか?」という問いが面接序盤戦だとすれば面接中盤戦は「あなたはどのような業務を行なったきたのですか?」と確認されていると認識してください。その上で「なぜ自社の採用を受けに来たのか?」を確認しています。

この面接中盤で大切なことは結論とプロセスです。回答は結論を先に話すことを意識し、くどい言い回しにならないことを意識すること。そして結論には必ず根拠となるエピソードやプロセスを質問の回答に付け加えることが重要です。

硬かった面接序盤に比べて柔らかさが出てきた面接中盤戦とはいえ、ここで仕事内容や実績について上手く話せずに言い淀んでしまうことも多くあります。

面接終盤の想定質問とポイント

面接終盤は今までの質問と回答に対するまとめや確認、また今後の未来に関する質問が想定されます。ある程度会話を交わしお互いの距離も近くなったこともあり相手の人柄を更に理解するための深い質問が来ることもあるでしょう。

面接中盤での想定質問

・この会社でやりたい仕事は何でしょうか?
・将来の夢や目標、ビジョンはありますか?
・他に受けている企業はどのような会社ですか?
・趣味や特技は何かありますか?
・プライベートはどのように過ごしていますか?
・現年収/希望年収はどの程度でしょうか?
・入社可能時期はいつ頃でしょうか?

面接序盤戦、面接中盤戦が過去~現在についての質問であるのに対して面接終盤戦は未来についての質問が多くなります。これまでの経験を踏まえて自身の将来について考えることが出来ているかがポイントとなります。

また話してきた内容に一貫性があるかも重要です。「仕事選びで何を特に大切にしていますか?」という質問が面接序盤で聞かれました。しかし面接終盤で「実際に受けている企業」が一致していなければ序盤に嘘をついていることになります。

面接終盤戦では会話を交わしてきたことで雰囲気も面接序盤に比べれば柔らかなものになっているでしょう。そこでプライベートに関する質問が来れば「言わなくても良いこと」をポロッと話してしまうこともあります。最後まで油断しないことも面接終盤戦で心掛けた方が良いでしょう。また入社することを想定して具体的な条件や入社時期に関する質問が来ることもあります。事前にどのように伝えるかは企業によらずに考えておくことをお勧めします。

あえてランダムに質問することもある

面接官はこれまで何十、何百、あるいは何千と面接を重ねてきた大ベテランです。あえて順番をランダムにすることで本当に一貫性のある答えがあるのかを確認することも1つのテクニック。全てがこの通りに進まないかもしれません。

しかしどの面接だったとしても「過去」「現在」「未来」が質問で聞かれることは間違いありません。面接で質問され話してきた内容を時系列で繋げれば1つのストーリーになることはある意味必然です。1人の人間が話しているのですから。

当たり前のことですが面接では話が繋がらなくなってしまうことが往々にしておきます。緊張してしまうからなのか、話を良く見せようと創ってしまっているからなのか。人それぞれではありますが一貫性が失われれば面接官が質問の回答を全て納得する可能性も低くなるでしょう。

また序盤で緊張しきってしまい質問に対しての回答が上手くいかないことも取り返しがつかなくなることもあります。第一印象を決定づける面接序盤と、油断が出てしまいがちな面接終盤戦はより気持ちを締めることを心掛けるようにしてください。

転職時の面接の流れについて、まとめ

転職時の面接の流れに関して一般的な内容を説明させていただきました。新卒時と転職時で大きく異なることは「転職理由」があること、そして「経歴」や「仕事内容・スキル」について深く質問されることでしょう。ここでつまづく人が多いように感じます。

面接をある程度受けていくと面接で聞かれる質問は聞き方は異なれどある程度形骸化していることにも気づくかと思います。同じような質問を他の会社でもされることが多いということです。だからこそ内定を取得する人は複数内定を取得し、内定が出ない人は何社受けても内定が出ないことにも繋がります。

もちろん同じ質問に対して同じ回答をしたとして悪い評価をされることもあれば、良い評価を得ることもあります。それは企業と自分自身の「相性」でもあります。そして相性が合うかどうかは入社後のギャップを防ぐことにも大切な事です。

しかしながら同じ質問に対して同じ回答を繰り返し伝え、内定がなかなか出ないようであれば回答を変える必要もあるでしょう。質問には自分の素の言葉で答えることが最も大切であることから自分自身を変えなければならないタイミングなのかもしれません。

今回は面接序盤、面接中盤、面接終盤、それぞれで想定質問とポイントをご紹介しました。どの部分でつまづいてしまっているかによって「自分が何を変えなければならないのか」が分かるかと思います。

自分を変える際の指標として、そして過度な緊張を防ぐ為に今回の記事がご参考になれば幸いです。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)