「面接前」、何すれば良いの?|面接対策・準備方法まとめ

よく言われる「面接対策」。面接に向けての準備を行なうものですが、実際には何をすれば良いのか分からず、そのまま面接を迎えてしまうこともあるのではないでしょうか?

そこで今回は面接前の準備をする「面接対策」の方法や対策方法をまとめてみました。

面接対策は何のため?

まず面接対策を行なう上で、何のために行なうのか目的を考えてみましょう。候補者側からすれば内定を取得するために行なうことも大きな目的です。

転職するにしても、応募している企業から内定を得ていなければ転職するか否かも選ぶことが出来ません。まずは内定を取得するために面接対策を行うのも重要なことです。

そして入社後のギャップを生まないようにすることも、しっかりと面接対策を行えているかどうかにかかっています。

面接では様々な質問をされますよね。ある程度話すことが得意な人にありがちなのは、面接時に思い付きで話してしまうこと。よく考えずに答えてしまったことも、面接者からすれば事実として受け止められます。

「〇〇がしたい」と面接時に話していたにも関わらず、入社後に異なったことを話していては企業から見てもギャップになり、また自分にとっても自分の本心とは違う業務に携わるリスクになります。

面接対策を行う目的

・内定を取得するため

・入社後のギャップを生まないため

面接対策を行う上で、この2つの目的を念頭に置いておきましょう。

面接対策の種類は2つ

期間を短く

それでは面接対策の方法についてご紹介します。面接対策の種類は大きく2つです。

1つは「自分自身」を調べること。これもよく言われる自己分析です。面接で話す内容は基本的に自分の話が中心ですから、自分自身を知らなければ話す内容も限られてしまいます。

もう1つは「企業」を調べること。応募している企業について調べなければ、自分が働いているイメージも付かないでしょう。面接官も自社を調べてきているかどうかは話の内容で分かります。

そこから本当に自社に入社したい意欲・関心のある人なのかを判断しています。まったく調べていない人を好意的には見ないでしょう。つまり、目的である内定を取得することが出来ません。

自己分析って何をするの?

「自分」を調べること、自己分析って結局何をすると思いますか?これは難しく考える必要はありません。

とにかく、自分自身に質問を投げかけましょう。投げ掛ける質問は「過去」「現在」「未来」についてのカテゴリーに分け、過去から順番に投げかけていけば自己理解が高まります。

過去への質問

・なぜこの学校へ進学したのか?(学生時代の進学先について)
・学生時代に打ち込んだことは何か?
・なぜこの会社に入社したのか?(これまでの仕事の選び方について)
・なぜ〇〇職を選んだのか?
・〇〇職で学んだことや得たことは何か?
・仕事の中で成果を上げたことは何か? など

現在への質問

・なぜ転職(退職)しようと思ったのか?
・転職先はどのような企業を選びたいか?
・どのように企業を探しているのか?
・なぜこの会社(応募企業)を受けようと思ったのか?
・なぜこの業界(応募業界)を受けたいと思っているのか?
・現在活かせるスキルや経験は何か? など

上記のような質問を自分に問いかけ、メモ帳などにまとめておくと良いでしょう。ここで注意すべきは質問を一問一答で終わらせないこと。投げ掛けた質問への回答に対して更に深掘りをしましょう。

例えば「なぜ営業職をしたいのか?」という質問に対して「営業は直接お客様と関われる仕事だから」という回答だったとします。

そこで更に「なぜお客様と直接関わりたいのか?」「接客などでも直接お客様と関われるのではないか」と質問が出てきます。1つの問いに対して、このような深掘りを3〜4回繰り返していくことで、深い思考の回答を出すことが出来るようになります。

強みや弱みも「自己分析」次第

面接でよく聞かれる質問集などで、質問に対する答えをピンポイントに考えておくことも手ですが、なかなか答えが出てこないという悩みもよく聞きます。

強みや弱み、自己PRなども、自己分析がしっかり出来ていれば困ることはありません。すでに質問を投げかけたときにアピールできるポイントも出ているでしょうから、あとは伝え方や構成を考えるだけです。

※強みや弱みなどの記事はこちら

短所を聞かれた時の答え方~面接で短所を聞くのはなぜか~

自己PR作成方法について~なぜ自己PRが必要か?~

企業を調べるって何をするの?

もう1つの面接対策として重要なのは企業を調べること、つまり企業研究です。

企業研究というと、何か大げさな気がしますね。要するに応募する企業、つまり入社するかもしれない会社のことは事前によく調べておきましょう、ということです。

企業研究には様々な方法があります。今はインターネット上である程度のことは見ることが出来ますので、まずはインターネットの情報を調べると良いでしょう。

企業研究については、以前このような記事を書きました。

転職時に知っておきたい「企業研究」3パターン

面接対策は自分が伝える内容を考えたり、工夫したり、質問を想定したりと、確かにこれも面接対策ではあるのですが「調べる」ことが最初の一歩であり基本です。

もし面接対策のやり方がピンとこない、あるいは面接がいつも上手くいかない人は転職エージェントにご相談ください。エージェントによっては企業の紹介だけではなく面接対策まで行なってくれることもあり、弊社(チェンジバリュー)も行なっています。

様々な人の知恵を借りて、転職が成功することを祈っています。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)