ITエンジニアってどんな仕事?~ITエンジニアの仕事内容・魅力~

エンジニアと聞くと理系出身者が活躍していると思いがちですが、ITエンジニアとして活躍している文系出身者も非常に多くいらっしゃいます。また中途採用においても未経験者採用数が増えているのがITエンジニア職。ITという言葉だけで嫌煙してしまう方も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回はITエンジニアと呼ばれる職業の大まかな種類と仕事内容、その魅力についてご紹介します。

ITエンジニアの種類

ITエンジニア=キーボードを常に叩いている人、と誤解しているかもしれません。ITエンジニアとはITに携わるエンジニアの総称であり、1つの職種を指している訳ではありません。転職活動では未経験のITエンジニアが先述の「プログラマー」だと誤解されがちです。

未経験から転職でITエンジニアを目指す際には、「開発系エンジニア」か「インフラ系エンジニア」なのか、まずは大まかに2つに分けて仕事内容を考えていきましょう。

開発系エンジニアとは

プログラマー(PG)、システムエンジニア(SE)という職種は耳にした方も多いのではないでしょうか?ざっくりと分けるのであればこの2職種は「開発系エンジニア」に属するといえます。その名の通り、システムやプログラムの開発を行う職種のことです。

当たり前のことですがシステムには発注者(システム開発を依頼した人)が社外、あるいは社内にいます。その発注者や関係者と打ち合わせを行い、どのようなシステムが必要なのかを打ち合わせて要件定義を行ない、設計、コーディング(製造)、テストとシステム開発は進んでいきます。

システムエンジニアはシステム開発における要件定義を行ない、その後のシステムの基本設計、詳細設計とシステム・ソフトウェアを作る為の仕様書(設計図)を書く人を指します。もちろん自身もコーディング(製造)に関わることもありますが、メイン業務は発注者の要望を具体化させ、プログラマーがコーディング出来るようシステムの仕様を決定していくことです。

プログラマーは上記のシステムエンジニアが作成した仕様書に基づき、実際にプログラムを製造していく人を指します。しかしシステムエンジニアが作成した仕様書には細かくどのようにプログラミングを行なえば良いか、どのようなコードが必要なのかまで書かれている訳ではありません。その為にプログラマーは仕様書を正確に読み取り、実現する為に高い技術力や知識が必要な場合もあります。

この2つを混同してしまうことも多くありますが、2つは似て非なるものであると転職活動時には理解しておくことも必要でしょう。また自社開発なのか、他社から依頼されて開発を行う受託開発なのか、それぞれ働き方も異なる可能性があります。

インフラ系エンジニアとは

インフラ系エンジニアは人によっては馴染みの無い職種ではないでしょうか。インフラストラクチャーの略である通り、IT業界の土台・基盤を構築したり調整を行ったり、ITが正常に動作する為に業務を行なう仕事であるといえます。

インフラ系エンジニアと呼ばれる職種は「ネットワークエンジニア」「サーバーエンジニア」「セキュリティエンジニア」の大きく3職種。中途採用では「ネットワークエンジニア」「サーバーエンジニア」の2つが未経験からでも採用されているケースが多くあります。

まずネットワークエンジニアですが、コンピューターネットワークの構築・設計・運用・保守を担当しています。ネットワークが正常に動き続けられるようエラーを取り除く運用・保守では未経験者からでもスタートがしやすく、設計・構築には対象ネットワークだけではなく最新製品や技術など幅広い知識が必要になります。

サーバーエンジニアはサーバーコンピューターの構築・設計・運用・保守を主な業務としています。サーバーとは利用者の要求を受けて適切なサービスを提供するアプリケーション、またコンピューターのこと。簡単に言えば利用者に必要なデータを利用者が欲しい時に提供する保管庫のようなものだとも言えます。

上記2つはインフラ系とまとめられがちですが、「ネットワーク」「サーバー」と扱うものも異なる為、必要になる知識や業務内容も当然同じではありません。

ITエンジニアの魅力

普段の生活でなかなか見ることが少ない分、転職活動では仕事内容もイメージがしにくいITエンジニア。しかしIT関連で働くエンジニアは日本国内のみならず世界的に見ても増加傾向にあります。未経験者や文系出身者でも採用されるチャンスは近年非常に多くなりました。

それではITエンジニアの魅力はどのような点にあるのでしょうか。「社会貢献度」「変化・先進性」「キャリア」という3つの観点から考えてみましょう。

ITエンジニアの魅力その1~社会貢献度~

今やITは各企業の事業活動だけではなく日本国内、世界中を支えていると言っても過言ではありません。企業内ITであればそこで働く従業員の作業効率、生産性に大きな影響を与え、社会全体に大きな価値を提供することが出来る仕事です。自分達が事業や社会全体を支えているという仕事への誇りや充実感はITエンジニアだからこそ得られる魅力だと言えるでしょう。

自分が制作に携わったシステムが社内、国内、世界中の人々に役に立っていることは完成後に長年に渡って得られる喜びに変わります。また実際にシステムを利用するユーザーからも感謝の声を頂ける機会もあるでしょう。

ITエンジニアの魅力その2~変化・先進性~

新たな技術が日進月歩で生まれてくると言っても過言ではないIT業界。ルーティーンワークになりにくく、世の中に無かった価値を生み出すことが出来ることもITエンジニアならではとも言えるでしょう。自分の努力次第で最先端の技術や知識に触れることが出来ることもITエンジニアの魅力の1つであると考えられます。

システムを生み出すことや適切なネットワーク・サーバーを構築することはクリエイティブさを求められることも多く、柔軟な発想やアイディアを活かすことが出来る職業でもあります。

ITエンジニアの魅力その3~キャリア~

変化や先進性のある業界だからこそ、若手であっても活躍のチャンスが多いこともITエンジニアの魅力です。新しい知識や技術が出来れば都度学ぶ必要があることは苦労もありますが、だからこそいち早く情報をキャッチアップすれば誰にとっても第一線で活躍することが可能であるとも言えます。

一方でプログラミング言語には共通性のあるものも多く、全てがイチから学び直さねばならないということでもありません。システムエンジニア・プロジェクトリーダー/マネージャーに必要な知識や能力には普遍的なものもあり、インフラ系エンジニアは企業に左右されない汎用性のある技術を身に付けることが出来ます。

ITエンジニアってどんな仕事?まとめ

ITエンジニアは1つの職種を指すわけでは無く、総称であることをまず認識しておきましょう。現在ではITへの知識が全く無い状態で目指すことも可能ですが、大きく「開発系」「インフラ系」があることも理解しておくと違いの理解にも役立つはずです。

今回はITエンジニアについて大まかにご紹介させていただきましたが、より細かく紹介するのであればプログラマーも実務経験のある言語によって転職市場の価値も異なり、システムエンジニアもプロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャー経験があるかどうかは自身のキャリアに大きな影響を与えるものです。

もちろんインフラ系エンジニアも今回紹介した2つだけではなく、データベースエンジニア、セキュリティエンジニアなどもカテゴリーに含まれるものです。各職種で必要になる知識・経験は異なる為、転職活動ではITエンジニアの中でどのような業務に携わりたいのかまで分析しておきましょう。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)