面接当日、遅刻連絡のマナー|遅刻した時の対処方法

面接当日。事前にしっかり準備を行ない、少し早めに家を出たとしてもアクシデントで面接に遅刻してしまうことも時にはあるでしょう。

「しまった!間に合わない!」そう思った時の対処方法、遅刻連絡のマナーを今回ご紹介します。

遅刻する!と思ったらまず連絡を

遅刻する!と思った時に行なうべきはまず面接を受ける企業への連絡です。面接官が事前分かっている場合は面接官への連絡、あるいは伝言を依頼しましょう。

確実に遅刻する時のみならず、少しでも遅れる可能性がある場合には連絡した方でが良いでしょう。「1分くらいなら…」と思ないこと。遅刻は遅刻ですので、危険性を感じれば連絡することをお勧めします。

連絡の方法は企業へ電話をかけましょう。企業のWebサイトを調べて企業の代表番号に遅刻の連絡をします。もしメールでのやり取りをしている際にはメールに「緊急連絡先」が記載されていることもあります。

下記、電話での遅刻連絡例文をご紹介します。是非参考にしてください。

今後のビジョン

お世話になっております。本日〇時より面接のお時間いただいている(自分の名前)と申します。

△線の電車が遅延しており、そのため御社へ到着出来るのが30分ほど遅れてしまいそうです。お時間頂戴しているところ、誠に申し訳ございません。このまま面接に向かわせていただいてもよろしいでしょうか?

言い訳しない、誠実な対応を心掛ける

連絡する際には言い訳をせずに事実を誠実に伝えましょう。どのような理由であれ「面接での遅刻はNG」であることに変わりはありません。

しかし誠実に対応をすれば絶対に遅刻だけが理由で不採用になることはありません。電車の遅延やスケジューリングミス、前の面接が長引いた、など様々な理由が原因で遅刻してしまうことはありますがその理由は言い訳せずに伝えましょう。

遅刻連絡する際、以下のポイントは意識しましょう。

遅刻連絡のポイント

・遅刻してしまうことに対して深い謝罪の念を伝えること
・遅刻してしまう理由は言い訳せずに事実を誠実に伝えること
・このまま向かっても良いか、日程を改めた方が良いのかは企業にゆだねること
・遅刻してしまうことだけではなく何時に到着することが出来るのか正確に伝えること

スケジュール調整になれば再度謝罪のメールを送る

もちろん大幅な遅刻になった場合は企業のスケジュール上、面接を行なうことが困難なこともあるでしょう。その際は後日改めてスケジュール調整になることも。その際には再度遅刻に対して謝罪のメールを自分から送りましょう。

遅刻連絡の電話をした時にスケジュール調整がそのまま行われれば出来る限り相手に合わせることも必要です。提示された日程に既に予定が入っていたとしても、私用など変更出来る予定であれば自分のスケジュールを調整しましょう。

面接会場でも必ず謝罪しましょう

面接会場に到着し、一番最初にすべきことは面接官への謝罪です。これはビジネスマナーとも言えることですが、電話やメールで遅刻の謝罪をしたからと言って済んでいることではありません。

社会人としてお会いした際に必ず謝罪の言葉を最初に述べましょう。

最初に謝罪、その後に理由を伝える

謝罪する際のマナーとして最初に謝罪すること、その次に理由を伝えることを覚えておきましょう。遅刻に関わらず、どのような場合でもそのような配慮がビジネスシーンではマナーとして必要です。

悪い例

遅刻謝罪の悪い例

〇線の電車が遅延しており、予定よりも15分時間が掛かってしまいました。この度は面接時間に遅れてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

良い例

遅刻謝罪の良い例

この度は面接時間に遅れてしまい、誠に申し訳ございませんでした。〇線の電車が遅延しており、予定よりも15分時間が掛かってしまいました。

最初に遅刻した理由を述べてしまうと、言い訳しているように相手には聞こえてしまいます。どのような理由があったとしても大抵の遅刻は防げるものです。自分の非は認めることが誠実な対応と言えるでしょう。

遅刻=不採用ではありません

遅刻自体は確かに、相手に対して迷惑を掛ける行為ではあります。自分のスケジューリングや電車遅延など事前に情報を得ていれば、防ぐことが出来るケースがほとんどかもしれません。

ただし面接で遅刻したことで全ての面接で不採用になる訳ではありません。ご紹介したポイントを守り誠実な対応を心掛ければ、遅刻をしてしまったものの内定をいただくことが出来た事例も多くあります。

大切なのは遅刻してしまったことを面接に引きずらないことです。面接の最初に謝罪し、そこで遅刻したことに関しては一旦忘れましょう。遅刻したことを引きずって暗い顔のまま面接を受けても良い結果には繋がりません。

また面接官も遅刻の謝罪を聞きたいが為に時間を取っている訳ではありません。遅刻したことを考えるのは謝罪で一旦終了し、面接が始まれば切り替えて面接に集中しましょう。

面接当日、遅刻連絡のマナーまとめ

面接当日に遅刻すると思ったらまず企業に連絡をしましょう。連絡した際には言い訳せずに事実を伝え、しっかりと謝罪をすること。

謝罪する時には理由から伝えず「謝罪の言葉」「遅刻の理由」の順に伝えましょう。

面接会場に到着した時にも真っ先に遅刻の謝罪をすることが鉄則であり、マナーです。そして遅刻した謝罪をしてからは気持ちを切り替えて面接に集中こと。相手に時間を割いて貰っている以上、社会人としてのマナーと言えるでしょう。

遅刻したことで不採用が確定する訳ではありません。もちろん遅刻しないようにすることが最も重要ですが、面接で挽回することも可能であることを心掛けましょう。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)