マーケティング職ってどんな仕事?~仕事内容とマーケティングの種類~

未経験からマーケティング職を目指したい、マーケティング職に興味がある、ということはキャリアカウンセリングでもよく耳にすることです。一方で「マーケティング職」という名前は知っているものの仕事内容などを理解出来ている人は少ないことが現状です。

そこで今回は気になるマーケティング職に関して仕事内容や魅力をご紹介します。

マーケティング職の仕事内容

そもそもマーケティングとはよく聞くものの、マーケティング自体が何を指しているのかも馴染みが無いのではないでしょうか。日本マーケティング協会では以下のように説明されています。

マーケティングとは、
「顧客の欲求と満足を探り、創造し、伝え、提供することにより、その成果として利益を得ること」

日本マーケティング協会より抜粋
引用元:https://www.jma2-jp.org/jma/aboutjma/jmaorganization

上記の説明のように、マーケティングとは「お客様が求めるもの、満足するものを提供する」ことで利益を得ること。自分達が作りたい商品を作る、売りたい商品を売って利益を得るのはなく、あくまでも「お客様が求めるもの」を提供して利益を得るのです。

自社取り扱い商品・サービスを売る為の仕組みを考える、創る職業だとも言えます。ここからマーケティング職の仕事内容を大まかにまとめてみます。

マーケティング職の仕事内容

・市場調査や情報収集
・新規事業・サービスの立案
・商品やサービスの企画・開発
・商品やサービスの宣伝・販促
・企業のブランディングや広報 など

マーケティングと聞くと広告担当者、とイメージされる方も多いかと思います。実際には担当する業務の幅は広く、またマーケティング職と呼ばれる職種がどこまで担当するかは企業によって異なる為、注意が必要です。例えば営業職が行う「見込み顧客の発掘」もマーケティング活動の1つの為、営業に近い業務内容をマーケティング職が担当する企業もあります。

但し、どの業務においても「商品やサービスを販売する為、企業が利益を得る為に動く」ということに変わりはありません。その為にマーケティング職個人、あるいはチームで企画し、戦略を立て、実行した結果をまた分析するという流れを一貫して行なっています。

マーケティングの種類

マーケティング職は基本的にリサーチを宣伝・販促を行ないますが、マーケティング職がどのように宣伝や販促を行なうことによって名称が区別されています。

マーケティング職の種類

・Webマーケティング
・マスマーケティング
・ダイレクトマーケティング
・インバウンドマーケティング など

Webマーケティングとは

現在では最も馴染みがあるマーケティングの種類かもしれません、言葉の通り、WEB(インターネット)を介して情報収集や宣伝・販促活動を行なうマーケティングのことを指します。Webマーケティングの中にも多種多様な種類があり、新たな技術が開発されればトレンドも大きく変化することが特徴です。

その為、ひとえにWebマーケティング担当者と言っても扱う手法や施策も企業によって様々です。リスティング広告やアフィリエイト広告などを自身で運用することもあれば、専門のマーケティング業者へ依頼し打ち合わせを重ねて、より効果の高いマーケティング施策や手法を分析していくことも求められます。

マスマーケティングとは

マスマーケティングのマスとはマスメディアなどを指します。マスは英語では「大衆」などを意味する言葉ですが、マスマーケティングも言葉通りにマスメディアを利用したマーケティング手法のことです。大衆や社会全体に向けて広く情報を提供する為、市場のシェアや認知度を一気に獲得する際に有効だと言われています。

マスマーケティングを利用している企業でのマーケティング担当者であればテレビCMや雑誌、新聞などの広告欄に自社商品を掲載する為に、専門業者との交渉や打ち合わせを重ねていく必要があります。

テレビCMなどであればCMの製作費、広告掲載費と莫大なお金が必要になることもありますので、マーケティング職として扱う金額は大きなものになるでしょう。またマスマーケティングによる広告効果の測定は単一では難しいこともあり、企業として大きな投資をする為に予算を捻出する為のプレゼンテーション能力なども必要になるでしょう。

ダイレクトマーケティングとは

ダイレクトマーケティングは上記のマスマーケティングとは対義語として使われることが多くあります。マスマーケティングが購入する見込みのある無しに関わらず大衆に対して情報を発信することに対して、ダイレクトマーケティングでは自社商品のターゲット層や見込み客に絞りデータに応じた情報を発信するマーケティングです。

ネット通販などで商品を購入されている方であれば、「おすすめ商品」がページ上に掲載されていることに気付くのではないでしょうか。消費者が今まで購入した商品や閲覧したページのデータをもとに、消費者が興味を持つ商品のみを情報として提供しています。このように消費者と直接関わりを持つことからダイレクトマーケティングと呼ばれています。

手法も様々なものがありますが、共通して言えるのは結果が目に見えて分かるということ。マーケティング担当者の企画や考えが結果として反映される為、その後分析を行ない改善することが可能です。また都度広告費の調整を行なうことも出来る為、マーケティング担当者が「どこに、どの程度予算を掛けるのか」もデータから考察に考えていくことが求められます。

インバウンドマーケティングとは

インバウンドマーケティングはこれまで紹介してきた「消費者に対して情報を押し付ける」マーケティングとは違います。簡単に言えば情報やコンテンツをWeb上などに掲載しておくことで見込み客に自分から発見してもらう、という考え方です。主にブログや動画、ニュースリリースなど。

強制的に消費者へ情報を発信するわけでは無く、あくまでもコンテンツをWeb上に掲載しておくことでグーグルの検索表示から見込み客が流入してくることやSNSで情報が自然と拡散していくことが考えられます。

その為にインバウンドマーケティングではコンテンツの制作が必要になることがあり、ブログやSNSへの運用であればマーケティング担当者が自分で記事を書くこともあれば専門業者に依頼をすることも。またSNSやSEOなどに関する知識も必要になるでしょう。

マーケティング職の魅力と特徴

これまでご紹介してきたように、マーケティング職は簡単に言えば「商品が売れる為の仕組みを創る」仕事です。企業にとっては経営活動を左右するような仕事でもある為、大変さもありますが遣り甲斐も大きいと言えるでしょう。

マーケティング職では仕事に正解が無いことも多くあります。「これをやっておけば良い」ということも無く、また見つけたとしても状況に応じて変化してしまいます。常に社会全体の動向やトレンド、自社商品への理解など様々な情報を収集しながら最適な手段を考え、実行することは他の職種では得られない刺激や経験を積むことが出来ます。

自分1人ではなく社内の各部署や社外の業者とも打ち合わせながら進めていく為、様々な人と関わり合って作成した広告によって成果を出すことが出来れば仕事での達成感も得られます。

求められるスキル・経験も高い

マーケティング職の動き1つで企業の経営活動を左右すると言っても過言ではありません。広告掲載自体には売上を生み出さない為、企業にとっては商品を売る為の投資とも言えます。広告の効果が出なければ広告にかかった費用だけではなく、マーケティング職にかけている人件費も全て赤字です。

その為に企業が専門のマーケティング職を採用するのは慎重にならざるを得ないと言えるでしょう。中途採用で知識や経験を要する「企画」が出来るレベルのマーケティング職は即戦力採用が一般的です。

マーケティング未経験からポテンシャル採用でマーケティング職を目指すのであれば、まずはサポートに近い業務からスタート出来る企業を探してみた方が良いでしょう。

あるいは「商品を売る為の仕組みを創る」という意味では、営業職での実績はマーケティング職でも評価対象になることが多くあります。その為、営業職として経験を積んでからマーケティング職を目指すことも可能です。

企業によって内容は全く異なるので注意が必要

ここまでマーケティングについての仕事内容や種類などをご紹介しました。「マーケティング職」はイメージするのは簡単ですが実際の業務は非常に幅が広く、マーケティング職だから〇〇を行なう、とはひとえに言えない職種です。

企業によってどのマーケティング手法に力を注いでいるのかも異なり、またマーケティング職がどこからどこまでの業務を担当するのかも企業次第です。従って面接や求人情報から具体的にどのような仕事を行うのかを認識してから入社することを決めた方が良いでしょう。

営業職での実績が転職活動時にマーケティング職を目指すにしても評価対象になりやすいとご紹介しました。営業職とマーケティング職は定義される業務内容に重複する部分があるからです。企業によってはマーケティング職に近い職種名であっても、実際の仕事内容はほぼ営業職である可能性も有りますので注意しましょう。

マーケティング職ってどんな仕事?まとめ

未経験からマーケティング職を目指したい、という方はまず「マーケティング」とは何かを調べてみることをお勧めします。何となくのイメージで考えてしまうと実際に入社後業務を行なった際にギャップが出やすくなります。業務内容、業務幅も企業によって異なりますので事前に確認した方が良いでしょう。

またマーケティング職は「自社取り扱い商品を売る為の仕組みを考える・創る」ことが仕事です。その為、まったくの未経験からいきなりマーケティング職を目指すことはハードルが高く、企業としても採用に慎重にならざるを得ない職種です。

転職活動でマーケティング職に絞ることで上手く進まない方も多くいらっしゃいます。まずは自身の経験や知識などを考察し、マーケティング職を目指すのであれば今からどのようなキャリアを積むことが必要かを考えると良いでしょう。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)