稼げる仕事に転職したい!モデル年収の見方と注意点をご紹介します。

「とにかく稼げる仕事がしたいんです!」

仕事をする上で重要なおカネの問題。
しかし、こうして堂々と口に出す人は少ないかもしれません。

ですが想像してください。
あなたが複数の会社から内定を取得したとしましょう。

スタートの給料は同じ金額。
違うのは「モデル年収」だけ。

A社/年収700万円(28歳、勤続年数3年)
B社/年収350万円(28歳、勤続年数3年)
C社/年収420万円(28歳、勤続年数3年)

勤続年数3年のモデル年収を比較すると1社だけが高い。

「もしかすると、3年後には今より倍以上の給料が貰えるかも…」

転職活動を始めた時には「お金はソコソコで良いかな」と考えてみても、いざ目前にすると人間の心は揺らぐものです。

しかし単純なモデル年収の比較を最終的な決め手にしてしまうと、入社した後に後悔することも。

そこで今回はモデル年収とは何か、見るポイントと注意点についてご紹介します。

そもそもモデル年収って何?

求人情報で目にする「モデル年収」ですが、これはご存知の方も多いでしょう。
読んで字のごとく会社のロールモデルとなる年収例のことです。

勤続年数を軸に表示している企業もあれば、役職ごとに表示している企業もあります。
基本的には求人情報を掲載する会社の自由です。

重要なのはモデル年収はあくまでも参考例だということ。
稀に、
「私も3年働けば450万円が貰えるんだ」
と思われる方がいらっしゃいますが、そうではありません。

大抵の企業は「モデル」となる社員の給与例をあげています。

勤続年数3年のモデル年収が載っていれば
「私も3年活躍すれば450万円が貰えるんだ」
が正しいでしょう。

もちろん目を見張るような成果を出していれば、モデル年収以上に貰えることもあります。
ほどほどの成果であればモデル年収よりも下回る可能性は大いにあります。

なんで高いの?モデル年収

モデル年収の中でも注意したいのは驚くような上がり方をしている年収です。

入社時は年収300万円。
でも勤続年数3年で年収700万円。

わずか3年で給与は倍以上。

嬉しい話ですが、不可能ではありません。
しかし誰でも出来る話でもありません。

転職活動を成功させる為に重要なのは、ここで
「なぜ大幅に年収が上がったのか?」を冷静に考えることです。

例えば営業職であれば「インセンティブ(歩合給)」なのかもしれません。
エンジニアであれば「残業手当」なのかもしれません。

もしそうなのであれば給与は変化します。
この場合は、1年間相当な、モデル年収に書いてあった給料が稼げたとしても
翌年以降は定かではありません。

残業代で稼ぎ続けるのか。
インセンティブで稼ぎ続けるのか。

つまり大切なのは、モデル年収の「内訳」を見ることなのです。

モデル年収の内訳から見る「会社選び」

モデル年収の内訳が分かれば、ある程度
その企業での働き方や雰囲気が見えてくると思います。

インセンティブが大部分を占めているならば
数字で分かる結果を出し続けなければなりません。

残業代が大部分を占めているならば
シンプルに拘束時間が長いと言うことです。

もちろん固定給が上がっている可能性も大いにあります。

基本給以外にも、役職手当、資格手当…など
様々な手当がモデル年収の中には入っているでしょう。

年功序列で上がっていく企業なのか、
実力主義で上がっていく企業なのか。

モデル年収を見るだけでも企業の「内側」が見えてきます。

転職活動で1年だけ働く会社を選んでいる人は多くないハズです。

5年、10年、あるいは定年まで働く会社。
そう考えた時に、今回の転職理由とマッチするのかを考えてみましょう。

最後は「自分に合った」企業選びを

短絡的にモデル年収だけを見て「稼げる仕事だ!」と飛びつくと、
入社後のギャップが大きくなることがあります。

もしかすると、稼いでいる社員は平日は遅くまで、
時には休日まで仕事をしているのかもしれません。

あるいは毎日勉強することが山積みなのかもしれませんね。
若く、経験の浅いうちに「稼ぐ」ことは容易ではないのです。

早期退職に繋がらない為のポイントは
この大変さを知って、覚悟した上で入社出来ているのか
だと考えております。

または今回転職したかった理由に合っているのか。

お金はもちろん大切なことですが、
それだけをモチベーションにして働き続けられる人は多くありません。

そして一度多くのお金を稼いでしまうと、数年後に
合わないと思って転職しようとしても年収維持するのは容易ではありません。
税金もそれだけ多く支払っているということです。

「稼げる仕事」、それだけが仕事選びで重要だったのか。
この会社で「稼げる理由」は一体何なのか。

もう一度よく考えた上で、後悔しないように
企業を選ぶことをお勧めします。

転職活動で不安なことや分からないことがあれば
お気軽に弊社までご相談ください。

あなたの転職活動が上手くいくことを祈っております。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)