面接で自信が持てない時の対処法~緊張を防ぐ考え方、対策~

面接で緊張してしまう、面接で自信を持って話すことが出来ない。このような悩みを持った方はたくさんいらっしゃいます。職種によっては普段、社外の人と接する機会も少ない為、社会人として経験を積んできた方でも面接は数年ぶりでおどおどと緊張してしまう、あるいは自分に自信を持って話すことが出来ないということも少なくないでしょう。

そこで今回は面接で自信を持って話せない、緊張してしまう、おどおどしてしまう時の対処法をご紹介します。

面接はアピールの場では無い

面接で緊張してしまう方の多くに「自分を良く見せたい」、または「悪い点を見せれば落ちてしまう」と考え、必要以上に取り繕うとしてしまう傾向が見受けられます。このような考えが少しでもあれば、一旦頭から消すように努力しましょう。

面接は「アピールの場」ではありません。もちろん自分をアピールしなければ採用して頂けないことも往々にしてありますが、「アピールだけの場」ではなく、「会社と自分の適合度を測っている場」であると考えています。会社が中途採用で求めている人物像や経験に近い人なのかどうか、それを面接で判断しているのです。

また、会社としても入社後のギャップを防ぐ為になるべく正確に人物面、経験共に正確に判断したいと考えているもの。従って面接で必要以上の自己アピールは却ってマイナスなイメージを与えてしまう可能性も有ります。実力以上に自分を見せることは入社後のギャップに繋がり、採用した企業も、実力以上の期待をされる自分も困ってしまいます。つまり自分を「良く見せよう」「悪い点を見せないようにしよう」と身構え、緊張する必要はないのです。

正確に事実を伝えることを心掛けよう

面接で緊張してしまう、おどおどしてしまう、その原因が自分を「良く見せよう」と意識してしまっている場合は、聞かれている質問に対して正確に事実を伝えることを心掛けましょう。面接で面接官が知りたいのは取り繕ったあなたではなく、素のあなたです。面接だからといってこれまでの仕事経験など事実を改竄することは確かに面接の場では分かり得ませんが、その時は良くても入社後にお互いが苦労します。

ただし「伝え方」はひと工夫する必要があります。事実は同じでも「伝え方」を変えることで相手の印象は変わります。伝え方に関しては下記の記事などを参考にしてみてください。

話の組み立て方について~面接での伝え方~

話の組み立て方その2~相手に「伝わる」伝え方~

大切なのは事前準備・自己分析

「面接で想定していなかった質問をされた時に緊張して固まってしまいます。」「答えに対して深堀されないか、この答えで正しいか考えると緊張して上手く言葉が出てきません。」これは実際にキャリアカウンセリングの中で求職者の方から相談を受けた内容です。確かにこれまで伝えてきた「自分を良く見せよう」という緊張とは、また異なる部分で心配を抱えてしまい面接で緊張してしまう方も多いもの。

面接で交わされるほとんどの内容は「自分の話」か「会社の話」です。面接で緊張してしまう理由では「自分の回答が相手の質問に対して正しく答えられているか心配になる=回答に自信が持てない」よりも「何を聞かれるか分からないので緊張してしまう」「回答を深堀された時に固まってしまわないか緊張する」ことの方が多いように感じています。

つまり面接で緊張してしまう原因としては「自己分析」「業界・企業研究」不足が本質的な理由であることが多く見受けられるのです。また自己分析、企業研究をしているつもりになっている方も多く見受けられます。

面接で緊張しないようにする為には自分に自信を付けることも重要です。またその自信を付けるには面接までに自己分析(=これまで自分の業務内容、実績、そのプロセスや仕事への価値観等が言語化出来るまで落とし込めているのか)、企業研究(=業界や企業を調べ、事業内容はもちろんのこと商品の特徴、強み、競合他社との差別化ポイントなどが調査出来ているか)をしっかりやってきたという背景が自信となるのです。

緊張しても「ビジネスマナー」は守ること

緊張してしまう方の特徴として、おどおどしてしまう、目が泳ぐ、表情が硬い、など面接で良く言われる明るく、元気にというような印象とは異なる表現を取ってしまうことが多くあります。もちろん初めての転職活動、久しぶりの面接、入社してから社外の方とビジネスの場で関わったことがない方であれば仕方がないことだと思います。

しかしそれが面接の全てのNG理由になるとは限りません。緊張してしまったが面接に通過した、表情は終始硬くなってしまったが内定をいただけた、という方も数多くいらっしゃいます。最初にお伝えさせていただきましたが面接はあくまでも「会社と自分の適合度」を図る為のものですので、明るく元気に行けば良いというものでもないのです。

ただし、緊張していたも面接ではビジネスマナーは守ること。これが鉄則です。例えば面接で相手の目を見て話さない、目を見て話を聞かない、これらは相手に不快感を与えてしまう可能性も有ります。下記の記事を参考していただき、最低限相手に不快感を与えないコミュニケーションは、社会人として面接では緊張しても取ることを心掛けましょう。

面接時の話し方について~会話の基本~

目指す職種によっては単なる面接対策では難しい

職種によっては緊張している振る舞いを見せれば採用されることは難しい場合もあります。例えば、営業職を目指したとします。終始緊張していて上手く会話が成立しないようであれば採用される可能性は低いでしょう。もちろん面接自体が慣れていないので雰囲気で緊張してしまう可能性も有りますが、日常で人と話すことに慣れていないという方もいらっしゃるかと思います。

営業職は特に経験も大切ですが、「人物像」も重要な要素として面接では判断されています。もちろんこれも「会社と自分の適合度」がポイントであり、会社によっては「明るい」よりも「落ち着いている」方を採用したいという会社もあります。しかし話せない、話を聞けないといった会話が成り立たないのであれば難しいかもしれません。

その場合は面接の場数を踏むことや自己分析、企業研究だけでは難しいケースもあります。適職として営業職が合っていないのかもしれません。自己分析をして適職を判断していくことも転職活動・就職活動では非常に重要な事です。ただしどの職種でも人とコミュニケーションを取ることは必要な事だということを認識しましょう。

面接を繰り返すだけではなく、普段の生活から人とコミュニケーションを取るといったような、自分自身を成長させる・変化させることが必要なのかもしれません。目指す職種で求められる内面的要素を分析し、自分に足りないのであればそれを補う努力をすることも必要になるでしょう。

面接で自信が持てない時の対処法まとめ

面接で自身が持てない、緊張してしまう方に多いのは「自分を良く見せよう」「悪い所を見せないようにしよう」と取り繕ってしまうこと。面接官が知りたいのは取り繕ったあなたではなく、素のあなたですので頭から消すように心掛けましょう。入社後のギャップに繋がることもあり、お互いにとって得策とは言えません。正確に事実は事実として伝えた方が良いでしょう。

自信を持つには面接までの準備に時間を掛けることです。自己分析・企業研究に時間を割いて何を聞かれてもしっかりと答えられる体制をつくっておけば面接で必要以上に緊張してしまうことはありません。もし緊張してしまったとしても最低限のビジネスマナーとして相手の目を見ることなど立ち振る舞いはしっかりと意識してください。

また転職活動が上手くいかない原因として「緊張してしまうこと」だけが理由になる訳ではありません。緊張して面接に臨み、内定をもらっている方も多くいらっしゃいます。その時は自分が選考を受けている企業、あるいは職種との「適合度」がそもそも低い可能性があります。

職種を目指したいとのあれば面接対策だけではなく、根本的な部分で何がが足りていないこともしばしば。何が自分に欠けているのかを分析し、それを補う努力も転職活動では大切なのです。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)

1 個のコメント