条件面談とは何か?|条件面談のポイントと注意点

転職活動では条件面談が設定されている場合があります。新卒採用ではあまり見掛けることが無い為、どのようなものなのか、どう対応すれば良いのか分からない、という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は条件面談について、その目的、ポイント、注意点をご紹介させて頂きます。

条件面談とは何か?

条件面談とは一般的に「雇用条件」を確認する為に行なわれます。

求人票で大まかな条件や福利厚生などは記載されていますが、中途採用では面接を受けている人の年齢・スキル・経験によって提示される給与も異なる場合が多くあります。

そこで条件面談では最終的に企業がどの程度の初任給・月収で採用したいと考えているのかを提示するということを伝えることも目的の1つです。この条件に対して企業・候補者の双方が折り合えば入社、候補者が納得いかないものであれば交渉や辞退をすることも出来ます。

条件面談に行ってしまうと入社しなければいけないのではないか?と考える人もいらっしゃいますが、それは誤解です。あくまでも条件を確認し、納得がいった場合に入社となりますので断ることも可能であることを認識しておきましょう。

その他、条件としては手当や福利厚生など、社内の各種規定についても企業が説明する場となっています。企業によっては企業内の会議室ではなく、食事も交えながらざっくばらんに話すことも。

またオフィス内を見学することや、先輩社員と面談する機会を設けている場合もあり、条件面談の内容に関しては企業によって異なります。

入社後のギャップを解消する

条件面談のもう1つの目的としては候補者が入社した場合に、ギャップが理由で早期退職になってしまうことを防ぐ為です。

面接ではなかなか聞きづらいと感じていたことも、条件面談であれば質問することが出来るでしょう。条件面談を設ける時点で企業は候補者を採用したいと考えていますので、不安や疑問点の解消は双方にとってもメリットのあることです。

ただし内定を取得したからと言って高圧的な態度に出ることや、失礼な物言いはNG。「内定を取ったから偉い」のではありません。あくまでも入社後は共に働く会社の先輩・上司にあたる人であることを忘れず、丁寧な対応を心掛けましょう。

あくまでもビジネスの場であることもお忘れなく。条件面談だからと言ってラフな格好で訪問せず、必ずスーツを着用しましょう。(選考時からカジュアルな服装であればスーツで無くとも問題ありません。)

条件面談で確認すべきポイント

条件面談/オファー面談で確認すべきポイントをここからご紹介します。「転職前に何を確認すれば良いのか分からない!」という人は是非参考にしてみてください。

条件面談時の確認ポイント

・給与体系について
・評価制度について
・社内制度/福利厚生について
・平均残業時間/有給について
・共に働くメンバーについて など

内定を頂いた後は口頭だけではなく、内定通知書/雇用条件通知書といった書面で貰うことがトラブルを防ぐ為のポイントでもあります。例えば福利厚生などであれば、書面に記載されていることも多いでしょう。

ただし実際に制度が利用されているのか、実績があるのかも確認しておいた方が良い点になります。産休・育休制度があったとしても実際には利用されていないか実績がないこともあるでしょう。

もちろん自分自身の仕事への価値観によっても気になるポイントは異なると思いますので、必ず上記の点を聞いた方が良いということではありません。自分の転職時に軸にしていたことや、転職後に退職理由になり得るようなことは聞いておいた方が良いでしょう。

あくまでも謙虚な姿勢を心掛けよう

条件面談は入社前の疑問や不安を解消する為に行なうもの。面接では聞きづらかったことを条件面談では気兼ねなく聞くことが出来ます。しかし注意すべき点もいくつかありますので、念頭には置いておきましょう。

社会人として失礼な態度を取らない

内定が出た途端に、失礼な態度を取ることはもちろんNGです。面接時とあまりに違う態度や物言いは、企業側に入社後の不安を与えてしまいます。

だからと言って内定を書面で頂いた後の「内定取り消し」は正当な理由が無い限りはありません。しかし入社してからの評価にも響く可能性があります。

条件面談時の質問も言葉遣いや言い回しは丁寧さを心掛け、お互いが気持ちの良い状態で入社を迎えられるように意識しましょう。

条件面談時に内定が出ているとは限らない

条件面談が設けられる段階で100%内定が出ているとも限りません。企業側から正式に内定が出るまでは、あくまでも選考の一環となります。

条件の折り合いが付いた状態でようやく正式な内定通知書が出される企業もありますので、条件面談でも油断することなく臨んだ方が良いでしょう。

面接時と異なる話をしない

面接で話した内容と、条件面談で話す内容が食い違ってしまうことは避けましょう。面接で得た評価が一転してしまうようなことも考えられます。

面接時に希望年収、入社可能時期などを聞かれているのであれば、条件面談の際にも同じように伝えた方が良いでしょう。

条件面談が設けられる時点で、採用したいと考えられていることは確かです。しかし、あくまでも面接時に聞いている内容が評価されているのであり、条件面談時に話が食い違ってしまうと条件の折り合いが付かなくなってしまうこともあります。

社会人として面接の場で話した内容は責任を持つ事を心掛け、条件面談であっても誠実に対応しましょう。

条件面談とは何か?まとめ

条件面談の目的とは企業が採用したいと考えている人に対して、より自社を知ってもらう為に条件面の説明をすること。そして入社になった際に早期退職を防ぐ為に候補者の不安や疑問を解消することです。

面接時には聞けなかったことも条件面談では相手から説明してくれることも多く、また聞きづらい内容も聞くことが出来るでしょう。

ただし条件面談時に正式に内定が出ているかどうかは企業によって異なります。企業によっては条件面談を経て、正式な内定が通知されることもありますので、その際には選考の一環でもあることを意識すべきです。

一方で内定が出ているからと言って社会人として失礼な態度や振る舞いは、入社後の不安を企業に与えてしまいます。お互いが気持ちの良い状態で入社を迎えられるよう、誠実な対応を心掛けてください。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)