経歴と想定質問について|自分の過去から質問を考えよう

初めての転職活動では、初めて中途社員として面接を行なうことになります。新卒の面接と中途の面接で何が違うかと聞かれれば、社会人としての経歴が有るか無いかが1つでしょう。学校を卒業してからブランク(働いていない期間)がある人もいますが、少なくとも学生ではありません。

新卒の面接と言えばたいてい学生が対象ですが、中途の面接と言えば多種多様な経歴を持つ人が対象となります。経歴について深く質問されることや、これまでの仕事内容などを面接で確認されることは中途ならではであり、ほぼ確実に面接で聞かれる内容と言っても過言ではありません。

そこで今回は面接の準備・対策として面接官が経歴を確認する理由と、その答え方のポイントについてご紹介します。

なぜ面接官は経歴を確認するのか?

まず大前提として、面接官は候補者の経歴を気に掛けています。

面接官は「募集している職種に対しての適性がある人」「自社と考え方や価値観が合っているか人」「社風に合っている人」を採用する為に、スキル面だけではなく候補者の人物面も判断しなければなりません。ですが初対面の相手に限られた面接時間で判断することはなかなか難しいものです。

そういった「候補者の価値観・考え方・人柄」を知る為にも、面接官は経歴に対して質問をします。これまでどのような基準で仕事を選んできたのか?なぜ今の会社から転職したいのか?これらの理由に、候補者の人物面が色濃く反映されるからです。

・これまでの経歴や仕事内容への質問=スキル面の確認

・これまでの経歴を選んできた理由への質問=人物面の確認

特にスキルが乏しいポテンシャル採用での応募の場合、人物面での評価が自ずと選考結果にも直結していきます。面接に応募してきた候補者側としては「未来」を見て企業を選びますが、企業側がこだわるのはその人の「過去」です。このことを踏まえ、面接でマイナスな印象を与えない方法を考えていきましょう。

面接官は「なぜ経歴上の変化があったのか?」を確認する

面接官が気にするのは「経歴に変化があった理由」です。例えば、学生から企業へ新卒として入社した時。1社目の企業から2社目の企業へ転職をした時。なぜ、そのような変化を選んだのかを面接官は確認します。それが良く言われる「就職理由/転職理由」への質問です。

また学生を卒業し働いていない期間が存在するのであれば、卒業後に「働かない」ということを選んだ理由も確認事項となるでしょう。日本の学生であれば多くの人が卒業後に就職をします。つまり一般的には卒業後は就職する、と考えている面接官も多くいます。

変化の中でも一般的な変化(大多数の人が選ぶ変化)とは異なる場合は、特に面接官が気に掛けるポイントであることも認識しておいた方が良いでしょう。

在籍企業が変わるなどの分かりやすい経歴の変化だけではありません。職種が変わる、勤務地が変わる、役職が変わる、このような変化も面接官から確認される可能性がある事項です。自分の経歴の中で下記のような変化がある場合には、面接官から理由を確認される可能性があると考えた方が良いでしょう。

自分の経歴から質問を想定しましょう

「面接ではどのようなことが聞かれるのでしょうか?」という質問をされることがよくあります。たしかに企業によって想定される質問は異なります。ただ自分の経歴を確認して聞かれると想定される質問は考えることが出来るでしょう。経歴、そしてその変化を選んだ理由は質問されることを想定しておくべきです。

特に下記のような経歴がある方は、面接官に聞かれることを想定しておきましょう。

経歴で質問されるポイント

・学生時代に留年をしている
・学校を中途退学をしている
・卒業後に企業へ入社していない
・学校で学んだ内容と、入社した企業の事業内容との関係性が乏しい
・転職をしている(複数回転職している)
・1年未満での退職をしている
・キャリアチェンジ(職種変更)をしている
・転職時に企業の業界を変えている
・3カ月以上、正社員ではない期間がある など

各ポイントごとに質問されるのは、そのような経歴となった「理由」です。また理由を答える上で大切なのは面接官にマイナスな印象を与えないこと。経歴が変化する理由を伝え、面接官がプラスな印象を受ける場合は実はあまりありません。プラスな印象になることは無いものの、大抵の人がマイナスな印象を与えてしまい面接で不合格となってしまいます。

マイナスな印象を与える理由とは?

面接官が経歴変化の理由を聞いて受ける、マイナスな印象とは「人物面での評価」としての話です。

就業意欲が低い、自己中心的な考えを感じる、会社の考えと合わない・・・など。なぜそのような評価を受けてしまうのでしょうか?

多くの人が自分の過去の出来事や退職した理由を「他者の責任」のみにしていることが挙げられます。簡単に言えば「他の人・会社の愚痴や悪口」に感じてしまうような内容です。

例えば退職した理由であれば労働時間や休日、人間関係など・・・人によって様々な理由があるでしょう。しかし、それをそのまま伝えてしまっては、一方的に「会社の責任」にしていると面接官は感じてしまいます。倒産など止むを得ない場合を除き、理由は会社の責任だけを伝えるのではなく自分自身にも非があった点を伝えた方が良いでしょう。

これは退職理由に関わらず、他の理由にも言えることです。学校を中途退学した時、就職せずに学校を卒業した時、自分の希望とは異なる部署に配属となった時、様々な場面で多様な理由が存在しているはずです。もちろん他者の責任で、そのような状況になることも多々あるでしょう。

しかし面接官はあくまでも初対面であり、深い事情までは分かりません。

初対面の人に対して一方的に他者に責任ばかりを押し付けるような内容を話してしまうと、事実であっても自分の印象が下がってしまいます。自分が初めて会った人が他人の悪口や愚痴を言っていたとしたら、どのように感じるでしょうか?

一方で他者の責任にしたいような場面だったとしても「自分の非」として話すことが出来る人の方が、初対面の相手には好印象に映ります。

答えに「一貫性と納得感」を持たせよう

経歴はこれまで自分自身が歩んできた道のりの話です。その内容があまりに一貫性が無い、答えがバラバラであると気移りしやすい=面接官は次の企業に入社したとしても長く続かないのでは?と考えてしまいます。

もし経歴上に一貫性を感じられない場合、例えば営業職⇒エンジニア職⇒事務職と職種が変わっている場合には「なぜそのように職種を変えてきたのか」を相手が納得出来るように詳しく伝えた方が良いでしょう。

経歴に対する答えは相手に納得感のある理由があること、だけではなく、話が繋がっていることが非常に重要になります。納得感のある退職理由などについては下記記事を是非参考にして考えてみてください。

退職理由の伝え方~面接官を納得させる3つのポイント~

経歴と想定質問について、まとめ

経歴についてのまとめ

経歴を聞かれるのは中途ならではですが、だからこそ中途の面接では経歴への質問はほぼ確実に聞かれると考えた方が良いでしょう。新卒とは違う為、初めての転職活動を行なう際には面を食らってしまう人もいます。

また自分の経歴を確認し、何か変化が起きている部分は学歴であっても職歴であっても、聞かれることを想定しておくと面接でも冷静に対処することが出来ます。

もし自分で「相手が自分の経歴の何が気になるのか?」が分からない場合には周囲の知人・友人に確認することや転職エージェントに聞いてみることも1つの手です。

その上で「初対面の人に話してもマイナスな印象を与えないこと」「相手に納得感のあること」「一貫性があること」を念頭において、説明が出来るように話す内容を考えていきましょう。

 

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)