エネルギー産業について|ガス・石油の業界研究

経済活動や日常生活に必要不可欠な石油,石炭,原子力,電力,都市ガス,天然ガスなど様々な形態のエネルギーを供給する産業で、途絶えたり価格が高騰したりすると様々な影響を受けます。

今回は、私たちの生活になくてはならないエネルギー産業の中からガス業界と石油業界の情報提供を行います。是非、皆さんの転職活動に参考にしてみて下さい。

ガス業界について

ガス業界の特徴

ガス業界は、ガス備蓄装置などに備蓄したガスをガス導管により法人企業や個人供給するすることで収益をあげるビジネスモデルであり、供給区域内の独占供給が認められている一方で供給できる価格も決められていて安定しているという特徴があります。

基本的にガス会社は法人と個人の両方に一般的なガスを供給する一般ガス事業者と法人のみに産業・工業用ガスをメインに供給する工業用ガス事業者、プロパンガスをメインに販売するプロパンガス事業者の3つに大別されます。

また、ガス業界のもう一つの特徴としては景気の動向よりも天候に消費量が左右される面があります。気温の低い日が続くほど暖房を多く使用するために需要が伸びる傾向にあります。一方で火力発電の燃料として使われるガスは年間を通して一定の需要があります。

ガス業界の市場規模

ガス業界の市場規模は、約5兆4000億円です。現在のガス業界は、これまでの事業に枠にとどまらずエネファームを始めとした電力の代わりとなるエコエネルギーなど新たな分野を次々と開拓し、市場の拡大を目指しています。

ガス業界の平均年収

ガス業界の平均年収は約600万円となっております。景気に左右されず、安定した収益を見込めるガス業界の平均年収は高い水準にあります。東日本大震災以降は火力発電の割合が増え、今後もより盤石なる見通しです。

ガス業界の平均年齢と平均勤続年数

ガス業界の平均年齢は42.3歳で、平均勤続年数は約17.8年です。安定した業績で福利厚生も整っている企業も多い為、ガス業界は離職率が低く定着率が高い働きやすい業界であるといえます。

ガス業界ならではの職種

●施工管理:一般家庭や企業向けにガス工事の見積書などの書類作成や工事会社との打ち合わせ、施工を担当します。
●点検保守:一般家庭や企業などですでに使用されるガス管などの点検、修理、管理維持、老朽化したガス管の交換提案などを担当します。
●製造設備管理ではガスを製造する設備の管理・巡視・点検・保守などを行います。
●営業:個人や法人に対してガス及びガス機器やガスの料金プランの提案などを担当します。

ガス業界の特徴まとめ

1.供給地域や価格が決まっており、火力発電所の燃料を担うなど安定した需要がある業界
2.安定した業績に慢心することなく、エコエネルギーなど新たな分野へ参入し、市場を拡大しています。
3.平均年収が高く、福利厚生も整っているが年功序列で保守的な一面もあります。

石油業界について

石油業界の特徴

石油業界は、産油国と連携して油田開発を行うことで権益の一部を確保し、採掘した原油を輸送し、ガソリン、灯油、重油などの石油製品に精製して全国のガソリンスタンドなどへ販売することで収益をあげるビジネスモデルです。また、石油製品からは樹脂やプラスティックを製造することができ、様々な業界のメーカーへも販売しています。

日本国内の石油業界の特徴としては、原油の仕入れをほぼすべて輸入に依存しているため、原油価格の動向に大きく左右される点が挙げられます。原油価格は産出量のみが要因ではなく、国際的な政治情勢や経済動向によっても左右される面もあり、莫大な産業ではありますが予想が難しいという懸念点もあります。

石油には、太古の動植物の遺骸に含まれる有機物が地中の圧力により変化して生成され、その埋蔵量に限りがあるとする有機成因説と地球内部のマグマから生成され、無尽蔵に埋蔵されているとする無機起源説があります。

石油業界の市場規模

石油業界の市場規模は約22兆8288億円となっています。今日私たちが利用する石炭、石油、天然ガスなどの資源エネルギーのうち、石油はその約半分を占めており、その市場は全ての業界の中でもトップクラスの規模を誇ります。

石油業界の平均年収

石油業界の平均年収は約800万円となっております。石油価格は国際情勢や景気変動、産出量の影響を受けて激しく上下するものの、現代社会は石油のエネルギーに依存しているため、その需要は安定しています。

石油業界の平均年齢と平均勤続年数

石油業界の平均年齢は42.8歳で、平均勤続年数は約18.8年です。年収面や労働環境が充実しているので、定着率がとても高い業界となっています。

石油業界ならではの職種

●インフラ開発:プラントの設計・建設に携わります。
●研究開発:石油の成分や精製プロセス、石油製品などの研究開発に携わり、よりコストを抑えた精製方法や新商品を提案します。
●プロセス管理:石油精製のプロセスを管理し、石油製品の生産計画を立てます。

石油業界の特徴まとめ

1.石油価格は不安定であるものの、現代のエネルギーは石油に依存しており巨大な市場規模を持ちます。
2.石油の枯渇が懸念されますが、その埋蔵量は無尽蔵に近いという説もあり将来性は高い。
3.平均年収が高く、働きやす職場環境で人気が高い。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)

1 個のコメント