ポテンシャル採用とは何か~未経験者の面接ポイント~

社会人としての経験が浅い、または職種や業界に対しての知識や経験が無い、その採用は「ポテンシャル採用」と呼ばれます。企業では入社後早い段階で成果をあげることを期待した「即戦力採用」と、将来戦力として成長してくれることを期待した「ポテンシャル採用」があります。20代の若手であればポテンシャル採用に該当することが多いでしょう。

今回はポテンシャル採用で応募した場合の面接ポイントをご紹介します。

ポテンシャル採用は未経験者でもチャンスがある

即戦力採用であれば業界知識を持っていることや経験、実績が重視されますがポテンシャル採用はそもそも未経験者であることが前提。つまり未経験者であっても採用されるチャンスがあるのがポテンシャル採用の特徴です。ポテンシャル=潜在能力や秘めている力、を見込んで採用するのですから、採用される企業にピッタリの経験があることは求めていません。

ピッタリの経験を求めていないからと言って、企業が全ての経験を求めていないとは言えません。

全くの未経験者を採用するのであれば、新卒採用を行うからです。

新卒採用ではなく、中途採用でポテンシャルを見込んで採用する意味をよく考えて面接に臨みましょう。

ポテンシャル採用を行なう主な理由

中途採用でポテンシャル採用を行なう理由は大きく2種類です。

新卒採用で計画していた人数の採用が出来なかった

少子高齢化に伴い、学生の人数が減っている中で求人数が増えている現在、新卒採用は激戦となっています。優秀な学生ほど取り合いになっていると言っても過言ではありません。その為、企業が当初計画していた採用人数に届かないことも増えています。計画通りの人数を満たす為には新卒学生ではないターゲットの採用が必要になります。

新卒採用は基本的に社会人経験を必要としませんので、ターゲットは自ずとポテンシャル採用でも構わないということになります。

一度社会を経験した人を採用したい

新卒ではなく、あえてポテンシャル採用のみを行なっている企業も数多く存在します。これには様々な理由が考えられるでしょう。

 

・入社後すぐに現場で出られる/ビジネスマナーが分かっている

専門職を除き、新卒学生であれば社会人としての基礎を入社後に研修で学んでから、現場へ配属されていくことが多いでしょう。社会人としての基礎から教えていくのではなく、入社後すぐに現場に出られる人を採用したいと考えているケースです。

・一度社会を経験することで自分に合っている会社を理解している

新卒で入社した会社から早期での転職を考えている人は、新卒学生よりも自分に合った会社の選び方が分かっていると考えているケースです。

・新卒入社した会社との比較が出来る

新卒で入社した会社は比較対象が無い為、働きやすさを考えて設けた福利厚生や制度も「あって当たり前」だと感じてしまいがちです。新卒よりも中途社員の方が、会社の良さを理解してもらえると考えているケースです。

・1社目で社会の厳しさを理解している

1社目に厳しい(自分に合わない)経験を積んでいるからこそ、次の会社でも頑張ってくれるだろうと考えているケースです。

 

 

いずれの理由であっても社会を経験し、若さがあることは企業にとって魅力的な人材です。ただしそれだけで採用されることはありません。ポテンシャル採用ならではの面接・評価のポイントがあることも認識しておきましょう。

ポテンシャル採用/面接のポイント

ビジネスマナーは出来て当たり前

ビジネスマナー、社会人として相応しいコミュニケーションは基本であると考えましょう。新卒の就活とは異なり、一般的なビジネスマナーや礼儀作法などは新卒以上に重要視されます。ただしビジネスマナーは出来て当たり前。あくまでも中途採用なのですから、ビジネスマナーが出来るからと言って評価に値するとは言えません。その為、最低限のビジネスマナーは把握しておくべきです。

特に身だしなみには気を遣いましょう。社会人として相応しい髪型や服装であれば問題ありません。清潔感があるかどうかがポイントになりますので下記の記事もぜひ参考にしてください。

ポテンシャル採用では、会社でどのような実績を上げてきたかよりも、プロセスなどの行動面や人柄・価値観などのマインド面を重視しています。行動面では結果が伴わなかったとしても、下記のようなポイントを話すことでポテンシャルのある人材であると面接官は感じるでしょう。

行動面での評価ポイント

・結果を生むための行動を取ることが出来ている

・仕事に必要な知識を習得する為の学習が出来ている

社会人としての経験が浅い方は、話す内容は会社でのエピソードだけではなく、学生時代に行った部活動やボランティア活動、アルバイトの経験などでも構いません。1年以上経験を積んでいる方であれば、会社でのエピソードを中心に話しましょう。

最も大切なのは人柄と入社意欲

ポテンシャル採用という言葉通り、最も企業が見ているのはその人の人柄や入社をする意欲です。例え1社目で早々に結果が出た、同期よりも覚えが早かったからと言って、それを全面的に出すことは避けましょう。イチから学んでいく姿勢や、吸収しようとする意欲を企業は求めています。あくまでも転職先では未経験者となることを心に置く謙虚さが大切です。

ポテンシャル採用で企業が求めるもの

「素直」=一生懸命素直に吸収しようという考え方
「元気」「笑顔」=若手に求める感じの良さ
「主体性」=積極的や主体的に行動や発言しようとする気持ち

未経験者を採用し、育てていくことは時間が掛かります。企業にとっては長期的な目線で見た投資だと言えるでしょう。結果をすぐに求めていない分、自社で成長し、長く活躍してくれる人であるかが企業にとっては重要です。

つまり「投資に値する人材であるかどうか」が、企業から見たポテンシャル採用のポイントです。もし自分が面接官だったら、どのような人を長期的に育てていきたいと思うのかを考えてみるのも良いでしょう。

ポテンシャル採用とは何か、まとめ

ポテンシャル採用は未経験者からでも採用されるチャンスがあります。しかし入社すれば1から学んでいく必要があることを認識しておきましょう。面接で評価されるのは今まで出してきた結果以上に、取り組んできた行動や考え方、人柄、意欲です。

基本的なビジネスマナーや話し方はしっかりとおさらいをしておき、自分はもう学生ではなく経験が浅くとも社会人であることを自覚すべきです。その上で、会社にとって長期的な投資に値する人材であると判断される為に、謙虚さ、素直さや若手に求める元気さなどをアピールしていくことが大切です。

もちろん早期退職になる分、退職理由も非常に重要になることをお忘れなく。下記も参考にしてみてください。

退職理由の伝え方~面接官を納得させる3つのポイント~

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)