志望動機の考え方について~作成ポイントと手順~

企業へ応募したいものの、どのような志望動機を書類に記載すれば良いのかが分からない。あるいは面接で志望動機を聞かれたら、どのように答えれば良いのか悩んでしまう。そのような方は、意外と多いのではないでしょうか?

志望動機に決まりはありませんが、相手に分かりやすく伝える為のポイントを今回はご紹介させていただきます。

「なぜうちの会社なの?」に応えるのが志望動機

志望動機と書くと身構えてしまいますが、要するに「なぜうちの会社に応募したの?」「うちの会社のどこに惹かれたの?」という企業からの問いに答えるのが志望動機です。惹かれるポイントは人それぞれですので、当然志望動機に決まりも答えもありません。自分が話す内容には自信を持って話しましょう。

しかし志望動機が具体的にある人ほど、面接時に判断したい「入社意欲」が高いことを示すことになります。それは企業をしっかりと調べ、企業のことを理解してなければ具体的な志望動機を伝えることが出来ないからです。

企業も単に志望動機を聞くことが目的ではありません。自分達の会社を事前に調べることが出来ている人なのか、入社意欲・興味度合いの高さを測ることが志望動機を聞く目的なのです。

どの会社でも使える志望動機はNG

一気に何十社も面接を受けていくと、1社1社に志望動機を作る時間が無くなり、志望動機の使いまわしをされる方もいらっしゃいます。同じ内容を複数の企業に話すことは避けましょう。

先述の通り志望動機は「なぜうちの会社なの?」という問いと同義です。同じものが利用出来る志望動機をいうものは、対象となる企業の範囲が広い場合が多く「それならうちの会社ではなくても・・・」と感じさせてしまうことも往々にしてあります。

基本的なことではありますが、志望動機は1社1社内容を考えるようにしましょう。

志望動機を考えるポイント

ここまで記載してきた内容を踏まえて、志望動機のポイントをお伝えします。志望動機のポイントは大きく3つに分けて考えていきましょう。

志望動機のポイント

・最も大きな志望する理由を明確にする

・理由に付随する具体的な内容を考える(あるいは考える)

・自分が惹かれたことを証明出来るエピソードを考える

・志望する最も大きな理由を明確にする

志望動機の軸となる部分です。自分が最もその企業に惹かれている点を簡潔にまとめた内容を話しましょう。

・理由に付随する具体的な内容を調べる(あるいは考える)

最も惹かれている点の中で、具体的にどのような内容が当てはまるのか。企業や商品の特徴や、競合他社との違いが述べられると良いでしょう。例えば、新卒学生がよく「経営理念」を志望動機にあげると聞きます。経営理念はその会社の特徴であり、他社とは確かに違うものですがそれだけでは説得力に欠けています。

経営理念を志望動機の軸にあげるのであれば、この部分では実際に経営理念が現れている点や業務などを述べるようにしましょう。内容が具体的になればなるほど、志望する理由が説得力を持つものになっていきます。

・自分が惹かれたことを証明出来るエピソードを考える

志望動機が素晴らしいものであったとしても、伝える面接官は初対面の相手です。「自分がなぜそのように思ったのか」を証明するエピソードを伝えることで、志望動機に説得力を持たせ、自分自身についてもアピールすることが出来ます。特に社会人経験のある方であれば、社会人生活で得た経験・エピソードを話せると良いでしょう。

考える為の手順

大きな部分から、具体的な内容を考えていく方が良いでしょう。例えば事業内容に惹かれたのであれば、なぜその業界なのかを考えていきます。

(1)なぜ、その業界なのか

(2)その業界の中でも、なぜその企業なのか

(3)なぜその企業に魅力を感じるのか

大切なのは大きな部分から考えていき、いかに細かく具体的にしていけるかです。一部の企業を除き、世の中には同じビジネスモデルを持っている企業はたくさんいます。その中でも1社1社が特徴を持っており、競合他社と差別化を図って事業を運営しています。その内容を具体的に話すことで、面接官にも「それはうちの会社のことだね!」と感じさせる志望動機となるのです。

企業の情報をいかに得るかが大切

志望動機を魅力的なものにしていくには、企業への情報が必要です。今はインターネットも発達したことにより、情報も収集しやすくなったと思います。自社のホームページでは詳細の内容を記載している企業も多く、採用活動を行なっている企業であれば採用ページ、求人広告が出ているケースもあるでしょう。

ただし企業の特徴はその企業だけを調べていても見えてきません。先程も記載した通り、同じようなビジネスモデルを行なっている企業もどこかにあるはずです。その企業のことだけを調べるのではなく、その企業が属する業界や、その企業の顧客、顧客が属する業界も必ずチェックするようにしましょう。

志望動機に限らず、転職活動は情報戦です。いかに工夫して情報を得るかで、選考結果も大きく変わってくるでしょう。

志望動機の考え方まとめ

志望動機は「なぜうちの会社なの?」という質問内容と同義です。あくまでも「業界」や「募集内容」に向けたものではなく、「うちの会社=応募先企業」に向けた志望動機でなくてはいけません。

その為に応募先企業だけを調べるのではなく、企業が属する業界についてもセットで調べるよう心がけましょう。特徴や違いを掴むことが相手に自社だからこそ応募してきた意欲の高い応募者と認識してもらうことが出来ます。

また理由だけを述べるのではなく、自分についても話すことが必要です。自分がなぜそのように思うのか・感じるのかを証明出来るエピソードも志望動機の中に入れましょう。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)

4 件のコメント