面接結果が出るまでの期間~一般的な期間と問い合わせ方法~

面接を受けた後、結果が来るまでは誰もが心配になるものです。「結果はスグに来る」と思っている方も多いのではないでしょうか。面接を受けた後におおよそどの程度で結果が来るのかを知っていれば結果が来ないことへの不安も軽減されるかもしれません。

そこで今回は一般的な面接結果が出るまでの期間と、その理由をご紹介します。

面接結果は一般的に1週間~長くて2週間程度

面接結果は面接を受けて一般的には1週間を目安に結果が出ます。長くても2週間以内には結果出る企業がほとんどでしょう。すぐに結果が出るものだと思っている方にとっては長く感じるかもしれません。

しかし企業がすぐに合否を出せないことにも理由があります。考えられる理由を下記でご紹介します。

面接結果がすぐに出ない主な理由

・面接官や企業の業務的な事情
・採用する為の社内申請に時間が掛かっている
・面接官1人では合否を判断することが出来ない
・面接だけではなくテスト結果も合否判断に含まれる
・多数の応募者がいる為、選考スケジュールが延びている

面接官や企業の業務的な事情

面接官や企業の業務的な事情という観点は、面接官や関係者同士のスケジュールが合わずに合否判断を出す為の打ち合わせが出来ないということです。また、面接官が人事担当ではなく営業職、経理職など、面接以外のメイン業務を持っている場合も多いでしょう。その際は合否を出す為の時間が取れていない可能性も有ります。

採用する為の社内申請に時間が掛かっている

採用するには社内申請(稟議)が必要な企業もあります。その為に採用するには書類を作成し関係者や役職者の押印が必要となる為、最終的な合否を正式に回答するまでに時間が掛かることも考えられます。但しこの場合は書類を作成されている時点で面接官は合格と判断しているケースが多い為、良い結果となることがほとんどでしょう。

面接官1人では合否を判断することが出来ない

同じく面接回数が複数に渡れば面接官自体が1人ではなく複数になることもあるでしょう。面接官同士も通常業務をしながら時間を合わせるとなると簡単にはいきません。上司や採用決裁権を持つ役職者にも同意を得ることが必要になることもあり、その為に時間が掛かるということも一般的です。

面接だけではなくテスト結果も合否判断に含まれる

もし面接内でテスト(学力検査や性格診断など)も行なっているとするならば、テスト結果を見てから総合的に合否判断を行なうことが一般的です。現在のテストは1日、2日で結果が出るものも多いですが中には3~4営業日結果が出るまでに必要なテストもあります。

多数の応募者がいる為、選考スケジュールが延びている

面接を受けているのは自分1人ではなく、企業によっては多数の応募者と面接しているケースも考えられます。その中での何名かが自分よりも後に面接を受けているとするならば、自分の合否判断も全ての人の面接が終了してから正式に出されることも往々にしてあります。

面接後数日で企業に問い合わせることは避けましょう

上記のように企業には企業の事情があり、合否を出すことは簡単にはいかないものです。そのことを理解せず、結果が来ないからと言って面接後数日で企業に直接問い合わせることは避けた方が良いでしょう。

止むを得ない事情、例えば他の企業から内定を取得したがあと数日で結果を出さなくてはいけない、という理由ならばその旨を伝える為に企業に問い合わせることは悪くありませんが通常であれば1週間~2週間は結果を待つことをお勧めします。

転職活動に焦っているという印象を与える

自分から問い合わせることは入社意欲の高さが伝わる可能性も有りますが、「転職活動に焦っている」印象も与えかねません。焦っているということは他の企業の選考が上手く進んでいないのか、あるいは現職で何かしらの事情があるのかと要らぬ誤解を与えることもあります。

自分の都合で動く人だと思われてしまう

また企業の事情も考えずに自分の都合だけで動く人だという印象を与えることも。その為に一般的な結果連絡までの期間は待つ方がベターです。

早く結果が出たからと言って懸念があるわけでは無い

もちろん企業によっては1日~3日ほど、面接内で合否を伝えられることや当日に合否の連絡が来ることもあるでしょう。逆に結果連絡が早すぎると企業に対して人が足りていないのか?と懸念を抱く方もいらっしゃいますが、必ずしもイコールではありません。

特に中途採用においては書類での情報量が多い為、書類で見る経験業務から既に求める人物像に合致していたことも考えられます。また、お会いした際の人物面が非常に良ければその場で合否判断されることもあるでしょう。関係各所への申請が必要になる大手企業よりも中小企業で見られる状況かもしれません。

特に中小企業で社長が早めに面接を行ったとしたら、結果が出るまでも早い場合が多くあります。もちろん入社するかを判断する回答期限はありますが、早く結果が出たとしても焦らずにじっくりと考えて回答を出しましょう。

企業へ結果連絡の問い合わせ方法

また上記の理由だけではなく、企業によっては「不合格通知」を後回しにしていることも考えられます。その際には自分から企業に問い合わせて結果を聞くことも必要でしょう。しかし問い合わせ方や企業への質問の仕方は丁寧に行なうべきです。

もしかすると企業内での食い違いで、合格の結果が来ていないだけかもしれません。その際に悪い印象を与えないような問い合わせの方法に関してご紹介します。

問い合わせ方法その1~メールの場合~

面接官や人事のメールアドレスを知っている場合は、まずはメールで結果について問い合わせてみましょう。先ほどご紹介した事情が存在する可能性もある為、相手の都合も考慮した上でメール文章を作成することがマナーです。結果連絡の問い合わせについて、メール文章の例をご紹介しますので是非参考にしてみてください。

問い合わせメールの例

件名:〇月〇日の面接結果について(自分の姓名)

株式会社××
△△部̻̻□□課 役職
(担当者名)様

お世話になっております。
先日〇月〇日に◇◇職の面接頂きました(自分の名前)と申します。

先日はお忙しい中、お時間を頂戴し誠に有難うございました。

申し訳ございませんが、面接頂いた際に選考結果に関して
何日頃頂戴出来るのかを失念しておりました。
お忙しい中でお手数ではございますが選考結果に関して
いつ頃頂戴出来るのかを改めて確認させていただけないでしょうか。

お手すきの際にご連絡いただけますと幸いでございます。

(自分の名前)

ポイントとしては面接結果を直接聞くのではなく、いつ頃結果をいただくことが出来るのかを問い合わせる内容にしましょう。また企業では多数の面接者がいる可能性もある為、具体的に「いつ」「何職の」面接を受けたのかを文面に記載することが大切です。

問い合わせ方法その2~電話の場合~

電話の場合は面接担当者や人事に直接問い合わせるか、受付の方に要件を伝えるかのいずれかになります。担当者が席を外していることや不在のケースも予想されますので受付の方に伝言として伝えた方がお互いにとって良いでしょう。

電話で問い合わせる際にも誠実な対応と丁寧な言葉遣いを意識してください。下記の例をご参考にしてください。

問い合わせ電話の例

お世話になっております。私、〇月〇日に◇◇職の面接頂きました(自分の名前)と申します。(担当者名)様にご面接いただき、現時点で結果のご連絡を頂戴しておりませんでしたので、恐れ入りますが結果のご連絡はいつ頃になりそうか確認の為に連絡差し上げました。可能であれば(担当者名)様にその旨お伝え願えれば幸いです。お忙しい中で申し訳ございません。宜しくお願い致します。

もし面接官が直接電話に出たとしても慌てず、上記の内容を伝えましょう。もしその場で不合格だと伝えられたとしても態度を変えず、最後まで丁寧に対応することが転職活動においてのマナーです。

面接結果が出るまでの期間まとめ

面接結果が出るまでには企業の状況によって異なりますが1週間~長くて2週間は目安として考えておきましょう。もちろん早く結果が出たといって、全ての企業で懸念点があるわけでは無く、自分自身の評価が高かったということも考えられます。

中途の採用活動が活発化している2018年現在では企業も早めに合否判断を出そうと努力していることが多く、思っていたよりも早く結果が出るケースも多いかもしれません。良い結果が早く出たとしても焦らずにじっくりと考え、自分の転職先として合っているかを様々な観点から判断していきましょう。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)