履歴書の書き方について~抑えるべきポイントと注意点~

転職活動のスタートとして、まずは履歴書を作成する必要があります。履歴書の書き方は厳密に決まっているわけではありません。面接官が見やすく分かりやすく伝わるようにはポイントがあります。

相手に自分が伝えたいことを伝えられるよう、また誤解が生まれないように履歴書の書き方の基本をご紹介します。

履歴書冒頭の記入項目

履歴書は基本情報として下記の内容を記載します。

履歴書の基本情報

・氏名
・現住所/連絡先住所
・連絡先電話番号
・メールアドレス

それぞれポイントをご紹介します。

・氏名
⇒漢字でフルネームを記入し、ふりがなは「フリガナ」と記載のある場合は片仮名、「ふりがな」と記載のある場合は平仮名で記入しましょう。

・現住所/連絡先住所
⇒氏名同様漢字で記入し、ふりがなは「フリガナ」と記載のある場合は片仮名、「ふりがな」と記載のある場合は平仮名で記入しましょう。
⇒連絡先住所(普段生活している連絡が取れる住所)が現住所と異なる際には記入しましょう。同じ場合は無記入、あるいは「同上」と記入しましょう。

・電話番号
⇒携帯番号のみの記入でも問題ありませんが、固定電話がある場合はその番号も記入すると万が一の場合に連絡が取り易くなります。

・メールアドレス
⇒携帯のアドレスでも可能ですがデータのやり取りをする場合もあるので、出来ればPCアドレスを記入しましょう。

学歴の書き方

履歴書の学歴の欄は、基本的には高校の入学時から記入します。その際に正式名称の高等学校と記載して記入しましょう。高校の場合は、公立であるのか私立であるのかを記入した方がよいでしょう。

また、普通科であれば企業側から指定がない限り履歴書に記入する必要はありません。工業科や商業科である場合は、採用に関して重要なファクターになってくるケースがある為、必ず履歴書に記入しましょう。

専門学校や短大、大学を卒業されている場合であれば、学部学科や選考しているコースを履歴書に記入するのが一般的です。

職歴の書き方

職歴にはあくまでも入社年月と正式な企業名を記入します。企業名の横に配属部署や支店名を記入するかは必須ではありません。また異動があった場合には、異動した年月と企業名+異動先の部署・職種を記入しても良いでしょう。

中途採用では履歴書だけではなく職務経歴書の提出を求められることが一般的です。したがって履歴書の職歴の欄では職務内容やこれまでの実績を詳しく書き過ぎる必要はありません。また、限られたスペースに記入してしまうと文字数が足りずに正しく内容が理解されなかったり、見栄えとしても煩雑で読みにくくなるケースが多いです。

相手に伝えたい内容は色々とあるかと思います。例えば、職務内容・マネジメント経験・実績・工夫した点など。しかし、履歴書の職歴欄は、あくまでも入社・退社年月と正式な企業名をシンプルに表記するのが履歴書の書き方としては無難です。

そして、在職中の方であれば直近で入社した企業名の下の段に「現在に至る」と記入し、その下の段の右側に「以上」と記入して履歴書の職歴欄を締めくくります。離職中の方は「現在に至る」という文言を使用する必要はありません。

嘘を記入することは絶対にやめましょう

面接官が分からないからといって、事実と異なることを履歴書に書いてはいけません。理由は大きく3つあります。

1、入社後のトラブルを招く

経歴詐称は懲戒解雇理由に成り得ます。解雇とはならずとも入社後の評価等にも反映され、企業で働く上では絶対に避けるべきです。年金手帳・雇用保険被保険者証の提出時、保険加入時など経歴詐称が企業に判明する機会は入社後に幾度も想定されます。自ら明かさなくとも公的機関等を通じて企業が知ることは出来ますので「言わなければバレない」という気持ちは絶対に辞めましょう。

2、面接時に墓穴を掘ってしまう

例えば履歴書に記載のある出身大学や前職の勤め先などによっては、転職シーンでは有利であるケースがあります。だからといって実際に経験してきたと異なることを履歴書に記入してはいけません。深く質問をされれば当然不自然な回答となります。

3、入社後に実力差が発覚する

詐称した経歴が面接で評価され万が一入社出来たとしても、それで上手くいくとは限りません。自分の能力以上の期待に応えられず、職場に居づらくなることも。入社することがゴールではなく、その後定着して活躍することが目的であることを忘れてはいけません。

資格は正式名称で記入しましょう

履歴書には資格を記入する欄があります。資格は普段略称で呼ばれていることもあり、正式名称を口に出す機会は多くないでしょう。しかし履歴書には正式名称で記載することが必要です。

下記に主な資格の正式名称をご紹介します。資格を記入する際には一度インターネット等で検索し、正式名称を確認の上で記入した方が良いでしょう。ただし資格・検定によっては正式名称が非常に長いものもありますので一般的に履歴書で記入する名称を利用することもあります。

代表的な資格の記入名称

・普通自動車免許⇒普通自動車第一種運転免許
・英検2級⇒実用英語技能検定二級
・宅建⇒宅地建物取引士
・FP2級⇒二級ファイナンシャルプランナー
・簿記検定2級⇒日商簿記検定二級
※他にも全商簿記がありますが、日商簿記が一般的です。どの種類の簿記なのか良く確認しましょう。

上記以外にも様々な資格があります。フォークリフトやたま掛け技能などの講習は「取得」ではなく、「修了」と記入する場合もあるので事前にインターネットなどで確認してから履歴書に記入しましょう。また、募集職種によっては空手や柔道など武道の段位があるとプラスになるケースもあります。

配偶者や扶養家族の有無

履歴書の記入内容は利用する履歴書の書式によって異なります。ただし一般的には配偶者や扶養家族の有無・人数についての記入欄があります。記入の際には下記を意識にして記入しましょう。

・配偶者の有無
⇒配偶者控除の対象者であるかの確認の為に記入します。

・扶養家族の人数
⇒いらっしゃる場合は、人数に応じて税金の控除や手当ての対象になります。

・健康状態
⇒企業によっては業務に支障がでる場合があるので、入社後のトラブルを避ける為にも通院の必要のある持病は事前に記入しましょう。特段持病もなく健康であれば「良好」と記入しましょう。

ここまでのことが一般的な履歴書で記入する項目になります。

その他の記入項目

以下はその他に記入する可能性がある項目です。

・趣味や特技
⇒体力面や教養の高さが伝わるものを記入しましょう。(例:スポーツや楽器、書道など)
こちらの記事もご参考にしてください。https://www.next–career.com/hobby/

・現年収
⇒転職後の年収を査定する際の一つの評価基準になります。ただし虚偽を記載することも避けましょう。企業によっては内定時の条件提示の際に給与明細や源泉徴収票を求められることもあります。また入社後にも源泉徴収票等の提出は必要になるでしょう。その際に虚偽が判明し、トラブルに繋がることもあります。

・賞罰
⇒社会人になってからのスポーツや音楽コンクールでの成績や紫綬褒章など公的な賞を受賞した際に記入します。逆に刑事罰などの前科がある場合にも記入します。入社後に発覚してトラブルになるリスクを避ける為に正直に記入しましょう。

・最寄り駅
⇒現住所から勤務先への通勤時間や交通費の計算などに利用されます。企業によっては住宅手当の支給対象かどうかも最寄り駅が影響する場合もあります。

・本人希望欄
⇒基本的には「貴社規定に従います」と記入します。健康上の理由や家庭の事情の為になにかしらの制限がある場合はそのことを記入します。

・志望動機
⇒履歴書に志望動機を記入するケースもあります。なぜその企業で働きたいのか、入社したらどのような形で活躍しよう考えているのかを明確に記入することが大事です。

履歴書の書き方まとめ

履歴書は、ご自身のこれまでのご経歴を分かりやすく面接官へ伝える為のものです。自己PRは職務経歴書で行うことができるので、履歴書上ではなるべく控えて、シンプルに分かりやすくを意識して下さい。

そして資格や講習は正式名称で記入します。資格の場合は「取得」、講習の場合は「修了」と区別して記入しましょう。また、最近は履歴書や職務経歴書を手書きではなく、ワードやエクセルで作成した物を使用するのが一般的になっています。

現在の転職活動では履歴書をパソコンで作成・提出しても問題ありません。ただ、企業によっては自筆での履歴書・職務経歴書の作成を指定されることもあるので、その場合は止め・ハネ・払いを意識して丁寧に書きましょう。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)