転職での企業の探し方~それぞれの特徴とメリット~

転職活動をこれから始めようとする方は、まず情報収集や自己分析からスタートすることになるかと思います。転職するには当たり前のことですが、まずは転職先となる企業を探さなければなりません。そこで今回は転職活動時の企業の探し方についてご紹介します。

転職での企業の探し方4パターン

主な転職活動での企業の探し方は4パターンに分かれます。

転職活動での企業の探し方

・ハローワーク(公共職業安定所)を利用する

・求人誌(フリーペーパー)を見る

・転職サイトに登録する

・転職エージェントに登録する

他にも知人や友人から企業を紹介されることや、元々繋がりのある企業から誘いを受けることもあるでしょう。そういった例は除くとして、上記の4つが代表的な例です。それぞれに特徴があり、企業を探すうえでのメリットがあります。

ハローワーク(公共職業安定所)を利用する

特徴

ハローワークは国によって運営されている公共の職業紹介所です。国営であることから民間の職業紹介とは異なり、国民が安定した雇用機会が得られることを目的としています。仕事を探している求職者も無料で利用が出来る、また採用を考えている企業側も無料で利用が出来ることが特徴です。

メリット

ハローワークは全国各地に拠点がある為、自宅の近くのハローワークを選んで通うことが出来ます。インターネットを介して全国の求人情報を検索することも可能ですが、基本的には自宅から通勤圏内の企業を探すことが可能です。また職員に転職について相談することや、書類応募などもハローワークを介して行なうことも出来ます。

求人誌(フリーペーパー)を見る

特徴

求人誌は民間企業が発行している求人情報を掲載した情報誌です。無料のものだけではなく、有料のものもあります。コンビニや駅など施設内に置かれていることが多く、わざわざ取りに行かずとも普段の生活の中で探すことが出来ます。インターネット環境が無い場合でも紙で企業を探すことが出来、書類は郵送や電話で直接企業に応募することも出来ます。

メリット

掲載されている企業や勤務地はその地域に属していることがほとんどですので、地元の求人を探すことが出来ます。インターネットの利用になれていない方でも求人を探すことが可能です。また求人誌の発行会社によってもそれぞれ特徴や強みがあり、自分のやりたい仕事に応じた

転職サイトに登録する

特徴

転職サイトでは日本全国の採用を考えている企業、業種業界も多様な求人が掲載されています。まずは転職サイトに職務経歴等の情報を登録することからスタートし、登録には無料のものが大半ですが有料のものもあります。また転職サイトの運営会社によっても強みや特徴があり、基本的には掲載されている求人情報を見て、登録している職務経歴等の情報を転職サイト上で応募をします。

メリット

転職サイト内で自分の希望などを絞り込みながら企業を探すことが出来ます。日本全国、多様な業種が掲載されている為に利用者は自由に求人情報を見つけることが可能です。転職サイトによっては企業へ応募する時点では職務経歴書などの書類を作成は不要。サイトのナビに応じた情報を記入するだけで応募が出来る手軽さもあります。

転職エージェントに登録する

特徴

転職エージェントは担当のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリングから企業の紹介、書類の添削や面接への準備などもサポートするサービスです。面談内容やサポートの流れは転職エージェント(転職支援会社)によって異なり、また取り扱っている求人もエージェントによって様々です。業界ごとや年齢ごとによって特徴や強みを持つことが多くあります。

メリット

キャリアカウンセリング後に求人を紹介する為、自分の希望や自分に合った企業に絞って紹介を受けることが出来ます。またインターネット上に公開されていない非公開求人もエージェントごとに保有していることも多く、自分では探すことが出来ない企業を見つけることも可能です。また書類応募などもエージェントを介して行なうことが出来ます。

1つの探し方に絞らなくても良い

企業の探し方にはそれぞれ特徴があり、それぞれメリットとデメリットを含んでいます。例えば転職サイトでは掲載している企業数が多く、様々な企業を探すことが出来ますが、自分で希望や各企業について調べなければなりません。

一方で転職エージェントではキャリアカウンセリングの上で絞られた企業を紹介してもらい、書類作成などもプロの目線で添削・作成してもらうことも出来ますが、自分でエージェントが保有している企業を全て見ることは難しいでしょう。

自分に合った転職先の企業を探すのと同じく、企業の探し方にも自分に合っているものがあります。初めて転職活動を経験する方にとっては全てが初めての経験になる為、探し方に関してもどれが自分に合っているのか判断しかねる部分も多いでしょう。ですので、1つのやり方に絞らずに探し方も様々な方法を使ってみることをお勧めします。

また求人誌、転職サイト、転職エージェントにも多くの企業がありますので、どの企業を利用するかは最終的に自分との相性を考えることが一番です。1つの探し方や1つの企業にこだわる必要はありません。今の自分の状況や、経験してみた探し方で自分に合っているものを見つけましょう。

転職での企業の探し方まとめ

転職での企業の探し方で主な4パターンをご紹介させていただきました。それぞれ異なる特徴・メリット・デメリットを含んでいます。転職での企業の探し方は人それぞれですので、1つのやり方にこだわるのではなく、様々な方法を試して自分に合っているものを見つけた方が良いでしょう。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)