面接回数の平均は?転職活動の調整ポイントも紹介

書類選考通過後はほぼすべての企業で「面接」が実施されます。新卒の転職活動と比べると、中途の転職活動では面接回数が少ないと感じるかもしれません。

中途で転職活動をしている中でも1回、2回、3回・・・と面接回数は企業によって様々。この企業の面接回数は多いのか?少ないのか?初めての転職活動では面接回数の判断もつかないかもしれません。

そこで今回は転職時の面接回数の平均、また面接回数を踏まえた転職活動のポイントをご紹介します。

平均的な面接回数は?

もちろん企業によって面接を実施する回数は多種多様。しかし平均すると「2回」の面接を実施する企業が多いようです。企業やポジションによっては3回実施する企業も多くあるでしょう。

新卒時の面接よりも少ないと感じるかもしれません。面接回数が2回であれば「1次面接⇒最終面接」、3回であれば間に「2次面接」が加わります。

面接回数と職種の関係

職種によっても面接回数の平均は異なる場合が多くあります。面接は書類選考では分からない人柄や志向性、社風・業務内容への適性などを見極める為に行なうもの。書類上で合否判断出来る情報量が多ければ多いほど、少ない傾向にあります。

例えば資格を必要とする「看護師」「薬剤師」などは、書類を見ただけで行なってきた業務内容や持っている知識・スキルはある程度判断することが出来ます。

エンジニアも同様、スキルシートやこれまでの実務内容である程度の判断をすることが可能。また1度の面接+スキルチェックでスキルレベルも確認することが可能です。

職種によって求められるものが異なり、また求められているものが書面で判断することが難しいほど面接回数は多くなるでしょう。それは入社後にお互いのミスマッチを防ぐ為に行なうことでもあります。

従って人物面の評価が重要となる営業職の採用や、未経験者を対象としたポテンシャル採用などは面接回数が多くなる傾向にあります。新卒採用の面接回数が多くなるのも、書類上では判断出来ないことが多いからです。

面接回数と企業規模の関係

また面接を受ける企業の規模も、面接回数に影響を与えています。面接回数は「採用を決定する人」を会うタイミングによって異なり、採用決定者までに何人の目を通すかで回数が決定されます。

例えば、役員が採用決定権を持つ企業があるとします。1次面接では「人事(採用)担当」、2次面接で「現場マネージャー」、3次面接で「役員」が面接するのであれば面接回数は3回。一方で2次面接をした「現場マネージャー」が採用決定権を持つ企業であれば面接回数は2回になるかもしれません。

企業規模が大きくなればなるほど、採用決定者に辿り着くまでの関係者も多くなります。自然と面接回数も多くなってしまうのです。

一方で中小企業など企業規模がそこまで大きくない場合。1次面接から「社長」が面接するケースも少なくありません。1次面接から採用決定者が面接をする場合は面接回数が少なくなりますので、面接回数1回という企業も珍しくは無いのです。

※各面接フェーズごとの面接ポイントが気になる方はコチラ

転職出来ない理由と特徴~「不合格通知」の活かし方~

面接回数と転職市場の関係

面接回数は転職市場の状況によっても変動します。売手市場と言われる2019年現在、面接回数は「なるべく少なく」する傾向にあります。これまでは面接回数を3回に分けていた企業も2回に短縮していることも。

面接回数が多いということは、それだけ選考に掛かる期間も長いということです。売手市場の現在では複数企業の選考に進まれていることも当たり前の状況になっています。

選考に時間が掛かるということは他社に優秀な候補者を先に採用されてしまうリスクがあることから、面接回数を短縮しようという動きに繋がっています。

一方で市場が逆転し「買い手市場」になれば、よりじっくりと候補者を見極めたい企業も増えるでしょう。面接回数も多くなるかもしれません。

企業が採用したい=他社に取られたくないという心理が働くほど、面接回数も短縮されます。元々は面接回数4回と言われていた企業が、選考途中に3回に変更する場合、候補者への評価が高いとも見ることが出来るでしょう。

面接回数と転職活動のポイントは?

離職中ならまだしも、在職中の方は面接に行く為の時間を作るにも一苦労のはず。「面接に行く時間が作れずに転職が出来ない」と悩まれている人も多いのではないでしょうか?

そこで転職活動をスムーズに進ませる為のポイントをご紹介します。

最終面接以外を就業後・あるいは休日に依頼する

複数回での面接がある場合には、1次面接や2次面接などを就業後(18時以降)に調整することも不可能ではありません。企業によっては20時スタートでの面接を受け入れてくれることや、土曜日(休日)に行なってくれる企業も売り手市場が相まったことで増えました。

とはいえ、自分の事情で面接官に残業や休日出勤を依頼することになることは念頭に置いてください。自分の置かれている状況を伝え、書類選考通過後に丁寧に依頼することを心掛けましょう。

伝え方の例

「お世話になっております。私、貴社の〇〇職で選考を受けております(名前)と申します。

この度は面接の機会を頂戴し、誠に有難うございます。また大変申し訳ございませんが、私が現在在職中の企業の都合上、平日の日中に面接へお伺いすることが難しく、可能であれば18時(19時/20時)以降に面接をお願いすることは可能でしょうか?夜分での対応を依頼することとなり誠に申し訳ございません。難しい場合には何とか有給取得出来るよう現職に交渉致しますが、一度ご検討頂ければ幸いです。」

ポイントとしては

「なぜ伺えないのか、理由を述べる」

「具体的にいつであれば行けるのかを提示する」

「相手にイレギュラーな対応をお願いすることを謝罪する」

「相手から難しいと言われた場合の対応も考えて伝える」

ということです。相手の気分を害さないように、また面接前から「自己中心的な人」だと感じられないように丁寧且つ誠実な伝え方を心掛けましょう。

ビデオチャットなど遠隔での面接を依頼する

実際に面接地に行かずに面接を行なう方法です。在職中の企業から面接を受ける企業が遠く、就業後であっても面接に伺うことが出来ない人にとっては有効でしょう。

注意点としては、やはり全ての企業で対応可能ではないということ。またビデオチャットに慣れていない場合には通常の面接よりも上手く行かなくなってしまう場合もあります。

「ビデオチャットでの面接可能」という趣旨の文言が無くとも、企業によっては依頼することで対応可能なこともあります。一度聞いてみると良いでしょう。

1day選考など採用イベントを活用する

「1day選考」という言葉はご存知でしょうか?その名の通り、1day=1日で選考を行なう採用イベントのことです。採用イベントと聞くと、どうしても新卒採用がイメージされるかもしれませんが、最近では中途採用でイベント形式を取る企業も増えています。

ちなみに1day選考は、企業によっては最終選考までを1日で行なうこともあり、会社説明から1次面接、最終面接を1日(あるいは半日)で実施します。

休日に実施している場合も多く、在職中の方でも参加が可能。ただし「もっと会社のことを知った上でじっくり選考を受けたい」と1day選考に懸念を示す人もいらっしゃるかと思います。

しかし1Day選考では会社説明も実施する場合が多い為、通常選考よりも会社を知る機会も実は多いのです。他にも休日に「会社説明会+選考」やグループ面接、などを行なっている企業もあります。

面接回数が多くとも、自分の評価次第で変わる

転職活動期間のまとめ

平日日中に何度も面接に行くことは難しい。夜での面接や、土日での面接を行なってほしい。

そのようなイレギュラーな対応を叶える為に効果的なのは「相手に欲しい人財だと思われること」が一番かもしれません。書類上で魅力的に感じる人材であれば、例えイレギュラーな対応をしてでもお会いしたいと感じるものです。

また面接回数の増減も「面接での評価」で変動することもしばしば。「ぜひ採用したい!」と思われれば残り2回の面接が1回になることもあり、逆に「もう少し見極めの目が必要だ」と思われれば1回面接が増えるかもしれません。

つまりは「面接回数」が少なかったとしても、多いとしても自分自身の評価次第で変動するということです。面接回数が多いから、面接回数が少ないから面接を受けないということはチャンスロスに繋がりますので、避けた方が良いでしょう。

ただし最終的には転職活動がスムーズに進むか否かは、あくまでも企業からの評価にもよる、ということも覚えておいてください。あまりにも自分の希望ばかりを押し付けてしまうと、それだけで企業からの評価も下がってしまう可能性があります。

面接回数が多い企業とは逆に、面接回数が1回しかない企業も同様です。

評価が高ければ会社のことをより深く理解する為の「条件面談/オファー面談」を行なってくれることもあります。面接自体は1回だったとしても、入社するにあたって欲しい情報は別途得ることが出来るでしょう。

・面接を上手く組むことが出来ない

・面接中に自分のリアルな評価を知りたい

・土日/夜間での面接依頼をしたい

上記のような悩みを持つ方は、間に転職エージェントを挟むこともお勧めします。日程調整もエージェントが代わりに行なってくれるでしょう。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)