【当日の必須ポイント】面接時の持ち物について~万全な体制で臨むために~

初めての転職活動、ましてや初めての面接では当日の持ち物に不備が無いか誰もが不安になってしまうものです。面接に落ち着いた気持ちで臨む為にも、持ち物の準備を徹底しておくことはとても大切。面接当日、面接に向かっている途中に忘れ物に気付き、焦った気持ちのまま面接を迎えてボロボロの結果で終わることも少なくありません。

今回は「面接当日の持ち物」について、面接官が見るポイントも踏まえてご紹介します。

面接当日の持ち物について

面接当日の持ち物と言っても、面接当日に使われる為の持ち物ではありません。持ち物によっては事前に提出しているものもあるでしょう。しかし下記の持ち物は必ず面接時には鞄の中に準備しておくと良いでしょう。

面接時に必須の持ち物

・履歴書(証明写真付き)
・職務経歴書
・手帳、スケジュール帳、ノート
・筆記用具
・手鏡
・ハンカチ、ティッシュ
・腕時計
・現金

履歴書(証明写真付き)

履歴書は事前にメールや利用している求人サイトから提出していることも多いでしょう。しかし事前に渡しているからと言って、当日出さなくて良いことにはなりません。企業から不要だと事前に言われている場合を除き、紙で印刷した履歴書は必ず持ち物に加えておきましょう。

その際に証明写真を貼ることや、日付記入欄に面接当日の日付を忘れないようにしてください。

企業によっては面接当日には「手書きの履歴書」が求められる場合もあります。指定された場合を除き、パソコンで作成した履歴書で大丈夫ですが、企業から案内されている当日の履歴書については必ず事前に確認しておいてください。

職務経歴書

職務経歴書も履歴書と同様、当日に必ず面接当日の持ち物として準備した方が良いでしょう。こちらも面接当日の日付を記入することも忘れずに。

自己PRの内容などを企業ごとに変更して作成している場合は、面接を受ける企業に適切な履歴書かどうかも確認しておくべき項目です。

履歴書と職務経歴書はクリアファイルに入れ、1つの封筒にセットで封入したものを提出すると面接官にも丁寧な印象を与えることが出来ます。ポイントとして覚えておくと良いでしょう。

手帳、スケジュール帳、ノート

面接当日の持ち物としては手帳やスケジュール帳も必須です。面接官からの説明や、自分から企業へ質問した内容への回答をメモを取ることが面接時には望ましい為、必ず持ち物として準備しておきましょう。

筆記用具

面接時に筆記用具は持ち物として必須です。上記のメモを取る際だけではなく、面接時に試験を受けることやアンケートを記載することも想定されます。筆記用具として「ボールペン」「シャープペンシル(鉛筆でも可)」「消しゴム」は最低限持ち物として準備しておきましょう。

手鏡

携帯でも代用は可能ですが、面接前に髪の毛の乱れや服装の汚れを確認する為に手鏡は持っていた方が良いでしょう。面接前にトイレで確認すれば良い、と考えるかもしれませんが面接会場によってはトイレが近くに無い可能性も有ります。持ち物として準備しておくことをお勧めします。

ハンカチ、ティッシュ

こちらはビジネスパーソンとして持ち物に加えた方が良いでしょう。夏場であれば汗をかいてしまうこともあり、くしゃみをした時、飲み物をこぼした時、様々なシーンで活用出来ます。ハンカチは柄やデザインを、ティッシュは店舗で貰った広告などが入っていないか、注意して選定しましょう。

腕時計

面接時に時間が気になるからと言って、携帯を取り出すことや面接官に時間を確認することは当然好ましくありません。またビジネスパーソンの身だしなみとして確認している面接官もいらっしゃいますので、腕時計は持ち物として準備しておくと良いでしょう。

金属アレルギーなどを持っている人は、無理に金属製のものではなく、革製など自分に合っているもので大丈夫です。ただしビジネスの場に相応しい腕時計を選ぶようにしましょう。

現金

普段はキャッシュレスで現金を持ち歩かない人も増えました。しかし面接時には最低限の現金を準備しておくことをお勧めします。ICカードに思っていたよりも残高が残っていなかった場合、現金があれば焦らずに対応することが出来ます。また使わなければそのまま保有しておくことが出来ますので、面接当日の持ち物として準備しておきましょう。

企業によっては必要になる持ち物

上記でご紹介させて頂いた持ち物以外にも、職種や業界によっては持ち物として準備することを求められる場合があります。面接当日の案内メールや企業の求人情報などに記載されていますので、必ず事前に確認しておきましょう。

・企業から指定されたポートフォリオや制作物
・事前に渡されている会社案内、資料など
・身分証明書
・ノートPC
・制作物の記録されたUSB など

職種や業界によっては自分で作成した制作物やポートフォリオの提出を求められるケースもあります。提出するフォーマット・書式も企業によって異なる場合もあります。どのような形式で提出すべきか、持ち物の記載に全く無い時などは事前にメールで問い合わせることも必要です。

事前に渡されている資料があれば、当日に鞄の中に持ち物として入れておくことも忘れずに。面接前に再度おさらいをすることも出来ます。企業のオフィスによっては入館時に身分証明書が必要になることもありますので注意しましょう。

またIT関連・クリエイターなどであれば制作物をノートPCで面接時に面接官へ見せることや、スキルチェックを行なう為に持ち物としてノートPC・USBが必要になることも。面接当日の案内に、持ち物として含まれている場合はこちらも忘れないように準備しましょう。

面接当日に持ち物を忘れてしまった場合

人間であればミスは誰でもあります。面接当日に持ち物を忘れたことに気付いた…そんな可能性もゼロではありません。その場合はどのように対応すべきか、ポイントや対処法をご紹介します。

持ち物を忘れた場合の対処法その1~WebサービスやUSBを利用する~

履歴書や職務経歴書、ポートフォリオなどを忘れてしまった場合、印刷は外出先でも行なうことが可能です。コンビニのネットワークプリント機能を使うことや、USBで記録したデータを印刷することも出来るでしょう。また証明写真も専門業者でデータとして頂いている際には同様に印刷することが出来ます。

ただし、これはあくまでも「緊急時の対応」として考えておくことをお勧めします。

持ち物を忘れた場合の対処法その2~面接会場までに購入する~

手帳やスケジュール帳、筆記用具などであれば面接会場までに購入することも可能です。コンビニや量販店が会場までにあれば、持ち物を忘れてしまったとしても対応することが出来るでしょう。

ただしビジネスに相応しくないものしか無かったからといって、柄の多いものやキャラクターデザインのものを面接時に持ち物として購入することは逆に印象を損ねる場合もあります。面接時の持ち物として相応しいかどうかの判断は必須です。

持ち物を忘れた場合の対処法その3~素直に忘れてしまったことを面接官に伝える~

時間に余裕があることが「その1」「その2」でも前提です。対応することが難しく、持ち物を準備することが出来なかった場合には素直に忘れたことを面接官に伝えましょう。

下手に誤魔化すことや言い訳することは避け、まずは謝罪することがポイントです。その上で忘れてしまった経緯と、終了後にメールや郵送でお送りすることを伝えれば、そこで面接で不採用が決定する訳ではありません。またその際は下記のポイントは面接時に確認しておきましょう。

持ち物を忘れた時に確認すべきこと

・いつまでにお送りするかを伝える
・データをメールで送るか、原本を郵送すべきか確認する
・宛先を確認する

出来れば面接が終わってすぐか当日中に送った方が良いですが、それも難しい場合には「いつまでに」送れるかを面接官に伝え、その期日は必ず守りましょう。またお送りする際の書式、宛先は面接時に確認しておくべきポイントです。

ミスを起こした後の対応が早ければ、面接の評価にも響かず、内定を頂くことが出来た事例もあります。諦めずに最後までしっかりと対応することが大切です。

面接時の持ち物まとめ

面接時の持ち物を今回はご紹介させて頂きました。出来れば面接当日ではなく、面接の前日には準備しておくと尚良いでしょう。

1日で複数の面接に行かなければならないこともありますが、整理整頓しておくことも大切です。鞄の中身が整理されているか、面接官からもチェックを受ける項目。鞄の中身がごちゃごちゃにならないよう、企業ごとにファイルや封筒を分かるなど工夫を凝らすことも大切です。

企業によっては指定された持ち物を準備しなければならないことも。履歴書でも企業によっては手書きを指定され、職種や業界によっては制作物やポートフォリオなどが求められます。

万が一、持ち物を忘れたとしても迅速に対応することで防ぐことが出来ます。また対応が出来ずに面接時間を迎えてしまった時には素直に謝ることや、終了後に出来る限り早く提出することが大切です。

しかし最も重要なのは、焦った気持ちで面接を迎えることが無いように準備を徹底すること。今回ご紹介した持ち物は必ず鞄の中に入れておきましょう。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)