転職するタイミングについて~自分に合った転職タイミング~

これから転職活動を行なうことを考えている方は転職の時期やタイミングを計っていることも多いのではないでしょうか。転職時期は求人が増える時期を狙って動かれる方もいらっしゃいますが、転職活動・企業の採用活動は1年中誰かしらが行なっており、転職タイミングは人それぞれです。

そこで今回は転職のタイミングについてご紹介します。

転職のタイミングは人それぞれ

あらかじめ断っておくのであれば、転職を考える時期や転職活動を行なうタイミングは人それぞれ、多種多様です。しかしタイミングを考えるのであれば、自分が転職活動に集中しやすいタイミングに行なうことが良いでしょう。

転職タイミングの代表例

・人事異動時
・賞与支給時
・年度の変わり
・人事考課面談時
・企業の経営状況、買収時
・私生活での変化発生時
・配属されているプロジェクトの終了時

上記何らかが発生した際に転職される方が多くいらっしゃいます。転職活動を行なうにあたっては「自分の仕事内容」や「社内での役割」、在職中の会社の状況だけではなく自分の私生活も踏まえた上で慎重に考えていく必要があるでしょう。

代表例から、転職のタイミングは自身の職務状況、求人市場、私生活の大きく3つに分けて考えることが出来ます。それぞれ

「自身の職務状況」を踏まえた転職タイミング

現在自分の職種や仕事内容、会社における役割を踏まえた上で転職を考えるケースです。例えば自分のことだけを考えるプレーヤーであるか、マネージャーであるかにもよって転職タイミングは変わるでしょう。

仕事内容もエンジニアや施工管理など技術系職種の方であれば、プロジェクトに配属されていることもありプロジェクトの忙しい時期に転職活動を行なうことは難しいのではないでしょうか。

「仕事が忙しく転職活動が出来ない」という方も多く、勤め先を退職してから転職活動に専念される方もいらっしゃいます。その際に失業保険給付を考えるのであれば最低でも被保険者期間は12ヶ月(各月11日以上)必要。また勤続年数によって給付日数も異なる為、下調べが必要です。

職務状況を踏まえるのであれば閑散期を狙う

自分の職務状況を踏まえて転職タイミングを計るのであれば、忙しい繁忙期ではなく閑散期や、プロジェクトの終了時、移行時期を狙うことがベストです。落ち着いて自分の時間を作ることが出来る為、焦って転職先を選ぶことも少ないでしょう。

また1年を通じて常に忙しいという方は退職することをスグに考えるのではなく、工夫して転職活動を行なえる時間を作ることも転職活動にとっては有利に働くこともあります。

面接は19時スタート、20時スタートなどでも対応してくれる企業も増えています。常に時間が空いていて何時でも面接に行ける、というよりも指定されたタイミングでしか面接に行けないことが転職先企業にも現職で活躍しているイメージが伝わります。

一方で退職後に失業期間が空けば空くほど転職活動では不利になることも理解しておきましょう。退職する前にスムーズに転職活動を行なうことが出来る計画は立てておくことをお勧めします。少なくとも転職活動における軸(転職への希望)は考え、またそれが現実とのギャップが無いかは退職する前に知っておくと良いでしょう。

「転職市場」を踏まえた転職タイミング

求人が増える時期から考えることも含まれますが、自分のキャリアや市場価値を踏まえた上で転職を考えるケースです。この時には自分の年齢や仕事内容、実績なども考慮して考えることが求められます。

キャリアチェンジを行なう場合は年齢は若い方が有利に働くこともありますが、全ての企業で全くの未経験者を求めている訳では無いことも事実です。自分が目指したい職種や仕事がある方はどのような経験が転職市場で求められるのかも事前に知っておくべきでしょう。

また一般的には3~4月、9~10月には企業の求人数が最も増え、また賞与支給後にも求人数が増え転職市場は活発になります。これには4月の新卒社員受け入れ前に中途社員を採用する、あるいは新卒の補充として第二新卒の採用数を採用することなども理由としてはありますが、年度の変わり目や人事異動タイミングで転職される方が多いことも意味します。

つまりは企業の求人数が増えるだけではなく、転職活動をされる方も多くなる=ライバルが増えることを頭に置いておきましょう。

自分の求めるキャリアを得た後でも転職は遅くない

全ての企業で全くの未経験者も求めているわけでは無いとお伝えしましたが、言葉通り未経験者募集の対象者は企業によって異なります。例えば未経験者=業界未経験者(職種経験者)、未経験者=職種未経験者(対人業務経験者)など、ひとえに未経験者と言っても考えている対象は企業次第です。

未経験者採用のキャリアチェンジを狙うのであれば20代前半や中盤が有利であることも確かですが、一方でマネジメント経験が積めるのであれば20代後半であってもキャリアチェンジに有利に働く場合もあります。

自分が希望する職種や業界、転職先がどのような経験を求めているのか、またそれに近い業務を現職で積むことが出来ないのかを考えてからでも転職するタイミングとしては遅くないでしょう。また、まずは転職支援会社にキャリアカウンセリングを依頼して、自分の転職市場での価値を知ってから動くことも良いでしょう。

「私生活」を踏まえた転職タイミング

私生活が結婚や出産、家の購入や介護など様々な要因で変化することは誰にでも起こり得ることです。また私生活が変化することで仕事にもどのような変化を希望するのかは人によって異なるでしょう。

もし私生活の変化を理由に転職を考えているのであれば、基本的には変化が発生する前を転職タイミングとして選んだ方が良いでしょう。結婚をすることを考えているのであれば結婚前に転職を、お子さんを作るを考えているのであればその前に転職をしてライフイベントが来た時までに環境を整えておくことがベストです。

ただし家の購入を考えているのであれば、転職前に家のローンは組んでおくことをお勧めします。転職後は勤続年数が金融機関への社会的信用に繋がる為、転職してすぐはローンを組むことが難しいことが多いものです。現職での勤続年数が長いのであれば、転職前にローンを組んだ方が得策といえるでしょう。

仕事と私生活の価値観や考え方にもよる

結婚や出産を考えて転職される方は、自身の仕事への価値観や考え方を見直すタイミングでもあります。転職することで私生活への時間を増やしたいのか、出産後は子供を育てやすい、育休・産休の取得しやすい環境に身を置きたいのか、それとも家庭を持つために収入を増やしたいと思われているのかにもよるでしょう。

私生活の変化に伴う転職は自分にとっての仕事や家庭を見直すタイミングとしては良いきっかけでもあります。のちに後悔することの無いように長期的な目線で考えて、転職先も選ぶことをお勧めします。

転職のタイミングまとめ

転職するタイミングは現職での職務状況、年齢、キャリア、収入、私生活など様々な要因と考え方によって人それぞれの為、ベストなタイミングは自分にとってのベストタイミングを考えるべきです。

もちろんそこには自分の状況だけではなく会社の状況や転職市場も踏まえた上で考えた方が良いでしょう。現職に不満が大きく、ただ嫌で辞めてしまうということは転職先(転職市場)から見た時に単純に「現職が嫌で転職したい」と見られることは不利に働きます。少なくとも不満を解決する為に自分で工夫することや会社や上司に相談してからでも遅くはありません。

いずれにせよ自分の転職市場における価値を知ってから転職するか、現職に留まるかを決めることも悪くはありません。転職について相談できる人が近くにいるのであれば相談を、1人で考えることが多いのであれば転職支援会社のキャリアアドバイザーに相談してみることも良いでしょう。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)