WEBデザイナーってどんな仕事?WEBデザイナーの仕事内容と魅力

「WEBサイトに携わる仕事がしたい!」と考えたことはありませんか?1つのWEBサイトを制作する為には1人のエンジニアだけではなく、規模や内容によっては多くのエンジニアによって構築されています。

その中でもWEBサイトのデザインに関わるのが「WEBデザイナー」。

しかしデザイナーという仕事のイメージは出来ても、具体的にWEBデザイナーが何をするかは分からない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はWEBデザイナーの仕事内容と魅力についてご紹介します。

WEBデザイナーの仕事内容

WEBデザイナーとは、その名の通りWEBサイトのデザインを担当する仕事です。仕事として行なうのであればお客様(企業・個人)から依頼を受けてコンセプトや用途、お客様が求めるイメージに応じたWEBサイトのデザインを決めていきます。

ここまで聞くと単にWEBサイトのデザインを決めるだけに感じるかもしれませんね。WEBデザイナーの仕事内容はそれだけではありません。

図:WEBデザイナーの仕事内容

依頼主から直接仕事の依頼を受ける、いわゆる「直請け」の場合は依頼主からのヒアリング、WEBサイトに求める要望や既存のWEBサイトに抱えている課題の調査・分析などを行ないサイトのコンセプトを決めていきます。

コンセプトが決定した後がWEBサイトの「デザイン」を担当することになるのです。

直請けではなく、代理店を間に挟む場合には「孫請け」と呼ばれ、代理店と依頼主の間でコンセプトが決定している段階から携わる可能性も高く、デザインからスタートすることも多くなります。

その後はデザインをもとに実際にHTMLやCSS、Javascriptなどのマークアップ言語を用いてコーディング(制作)を実施。WEBサイトが正しく動作をするのか、テストを繰り返して問題が無ければ納品という流れになります。

多種多様なWEBデザイナーという仕事

仕事内容自体は、主に上述のヒアリング~デザイン~納品というのがWEBデザイナーの仕事。しかし企業の事業内容や立ち位置によってWEBデザイナーの仕事は多岐に渡ります。

例えばWEB制作会社に入社したとしても、直請けが多いのか、孫請けが多いのかによって携わるフェーズが変わります。

WEBサイトを作り上げるコーディングを専門的に行なうポジション(コーダー)がいれば、WEBデザイナーはコーディングを行なわずにデザインまでが仕事内容になるでしょう。

WEBサイトは作って終わりではなく、納品~運用までを行なうこともあるでしょう。単にデザインすることと、依頼主が求める結果を出す為の知識やスキル・経験は異なります。

多くのWEBサイトは芸術作品ではなく、あくまでもビジネスで利用される為のもの。ビジネスとしての感覚があるかどうかが、WEBデザイナーとしての需要に差を生むと言っても過言ではありません。

WEBデザイナーと転職市場

転職を考えている人の中で、「WEBデザイナーを目指したい!」という人は多いはず。一方でWEBデザイナーの求人を出している企業も増えています。

WEBサービスを提供する企業が増えている昨今では、社内でWEBサイト制作・運用を内製化していることも多く、優秀なWEBデザイナーの需要は高まっています。

しかし「未経験者」と「経験者」の間で大きな壁があるのもWEBデザイナーの特徴です。多くのWEBデザイナー募集企業は、WEBデザイナーの実務経験者を求めていることが現実でしょう。

繰り返しになりますが、ビジネスとしての実務経験があることと、単にデザインの経験があることでは大きな差が生まれています。

WEBデザイナーとしての実務経験がある人は、もちろん年齢とスキル・経験の総合的な評価にはなるでしょうが、募集企業が豊富にある売手市場と呼べるかもしれません。ただ、未経験から転職するにはハードルが高い職種です。

事業会社でのWEBデザイナーを目指すには大学・専門学校からの新卒でないと難しいかもしれませんが、WEBサイト制作会社やコンサル会社ではWEBデザイナーを中途未経験者から育てていることもあります。

全ての希望を叶えられる企業では無いかもしれませんが、まずはWEBデザイナーとしてのキャリアを積む為に転職することも考えた方が良いでしょう。

WEBデザイナーとIT技術

WEBデザイナーの未経験者が転職しにくい理由のもう1つとして、以前よりもWEBサイト制作が簡易になったことも否定出来ません。

WordPressやMovable Type、WIXなどのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)が一般化したことでマークアップ言語を用いずともテンプレートを利用することでWEBサイトを作ることも可能になりました。

またコーディングにしてもWEB上で学ぶことが出来る時代。HTML、CSSなどマークアップ言語を用いてコーディングが出来る優位性も薄れてきています。

ある程度「誰でも」「簡単に」WEBサイトを作れるようになっているからこそ、作れるだけ、デザインできるだけのWEBデザイナーは需要が低くなっています。

とはいえ、WEBデザイナー自体が不要になっている訳ではありません。専門職種のプロフェッショナルとして、クライアントから求められているものが変化しているのです。

WEBデザイナーの魅力とは?

WEBデザイナーの仕事内容だけではなく、WEBデザイナーの大変さ、未経験からWEBデザイナーとして転職する難しさなどもご紹介させて頂きました。

IT技術の進化によって、求められているものが変化(あるいは限定的)になっているとはいえ、遣り甲斐や魅力も多いのがWEBデザイナー。ここからはWEBデザイナーの魅力や遣り甲斐をご紹介します。

アイディア・イメージをカタチに出来る

自分の思い描いたイメージをデザインに起こし、形にすることが出来るのはWEBデザイナーの魅力の1つと言えるでしょう。かつ、インターネットを通じて日本中・世界中の人々に見て頂ける可能性があるのです。

自分自身の作品として世の中に発信していけることは仕事上でのやりがいにも繋がるでしょう。

もちろん依頼主の要望であったり、ビジネス的な観点であったりと全てが自分の思い通りに作る訳にはいかないジレンマもあります。また答えが無いものを探す「生みの苦しみ」もあります。

しかし出来上がった作品が広がる拡散性の高さは、WEBデザイナーならではの魅力とも言えるでしょう。

幅広い知識・スキル・観点を身に付けられる

企業のWEBサイト・WEBサービスが何の為にあるのかと聞かれれば、企業の顧客に見て頂く為、利用して頂く為にあるのです。

マーケティングの知識や、ユーザーの目を引く為の豊富なデザインスキル、またデザインには答えが無い為に日常の中でもヒントになるようなものを探す観点や感性・感受性を磨くことが出来るでしょう。

WEBサイト制作を依頼するお客様が多種多様な業界に渡るのであれば、幅広い業界に関する知識も身に付けることが出来ます。

またWEBサイトはマスメディアと違い、公開後にWEBサイトのユーザー数や実際に求める結果(例えば商品の購入など)に繋がったかどうかも通知として細かく測定することが可能です。

サイト公開後、あるいは運用によって効果が数値として上がってくれば仕事への達成感や自分自身の成長も感じることが出来るでしょう。

 

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)