熱意が伝わる面接での回答について~熱意が伝わる人の特徴とポイント~

面接時に熱意や入社意欲、あるいは勤労意欲が面接官に伝わるかどうかは選考結果に大きな影響を与えます。特に応募職種に対しての経験が無く、ポテンシャル採用での転職を希望される場合は熱意をもって面接に臨むことや入社後勉強を積んでいくという熱意を面接官に伝えることがポイントです。

しかし面接後のフィードバックで「熱意が伝わってこなかった」と企業から言われた方は多いのではないでしょうか?熱意は持っているだけではなく、熱意は相手に伝わらなければ意味がありません。

そこで今回は熱意が伝わる面接での回答・準備方法についてご紹介します。

面接での「熱意」とは何か?

熱意を面接で伝えることが大切である、熱意の伝え方は〇〇であると紹介する前に、そもそも面接時の熱意とは何かを知っておく必要があります。熱意は「この会社に入りたい!」という入社意欲も1つですが、これだけではありません。

面接時の熱意

・入社意欲
・業界への興味、関心
・商品やサービスへの興味、関心
・学習意欲、成長意欲
・声のトーンや表情(第一印象)

主に上記が面接官に伝わった時、あなたの「熱意」が相手に伝わったということです。もちろん面接の場で「御社に入社したいです!」と入社意欲をアピールすることは選考評価に大きな影響を与えますが、それだけではないということを認識しておきましょう。入社意欲だけではなく業界を志望しているのか、商品やサービスへ興味や関心を持っていることも、熱意があるかどうかの判断基準の1つです。

特にポテンシャル採用では心掛けるべき

転職先で大いに活かせる経験や実績のある即戦力として採用されるのであれば、熱意のアピールが足りていなかったとしても採用されるチャンスは充分あります。しかしポテンシャル採用・未経験者採用の場合ではそうはいきません。

ポテンシャル採用・未経験者採用では企業も入社後に1人前の働きが出来るよう教育することを前提として採用を行なっています。また、一定期間は会社に貢献することが難しいことも念頭に置いているでしょう。つまり1人前の働きが出来るようになるまでは、企業としても人材育成に投資する期間として考えています。

「どんな人を育成したいか?」と考えた時に、自社の商品・サービスに対する興味・関心が無い人を中長期的に育成したいと考えるでしょうか?育成が必要という観点で見れば、熱意があるかどうかは選考の評価に大きな影響を与えるポイントとなるのです。

「熱意」の伝え方と面接準備

熱意を伝える

ここから面接での熱意の伝え方をご紹介していきます。面接で熱意を伝える上で、比較的容易に変えることが出来るポイントは「第一印象」、そして「入社したい意思を伝える」ことです。

第一印象は少しの工夫で相手へ自分の熱意を伝えることが出来ます。表情はもちろん、相手の目を見て話すこと、声の大きさ・トーン、また相手の話に対する話の聞き方などを意識することが大切です。

表情は笑顔であれば良いという訳ではありません。熱意を相手に伝えたいのであれば、真剣な表情をつくり目に力を入れ、声のトーンを落として話した方が効果的です。状況や話の内容に合わせた立ち振る舞いを心掛けましょう。

「入社したい意思を伝える」ことは更に簡単な方法です。「内定を頂ければ是非入社させていただきたい」、「志望度は御社が1位です」ということをストレートに話すことで熱意が伝わります。しかし内定欲しさに全ての企業で話すことは避けるべきです。「内定を出せばすぐに入社意思を固めてくれる人」だと思われれば、内定後の回答期限が短くなり複数の企業で入社することを検討する時間が無くなってしまいます。

入社したいとストレートに熱意を伝えることは、本当に内定が出ればすぐに入社したいと考える企業のみに伝えることをお勧めします。

転職活動をされている方で、複数の企業で入社するかどうかを検討している場合が多くあります。そのような場合を想定して、印象やストレートな入社意思表明ではなく、相手に対して熱意を伝える方法をご紹介します。

大切なのは面接までの準備

面接までに企業やサービスをどれだけの時間を掛けて調べたのか、それが相手に分かれば自分の熱意はストレートに言葉にしなくとも伝わります。面接官が熱意があるかを判断するポイントとして「業界への興味、関心」「商品やサービスへの興味、関心」とご紹介しました。逆説的に言うならば「本当に興味・関心があるのであれば自発的に業界・商品・サービスについて調べてくる」とも言えます。

どれだけ業界・企業・商品・サービスについて調べてきているかで熱意があるかどうかは判断できます。どこまで調べれば良いのか、という問われれば調べられるだけ調べるべきです。下記の記事など参考にして、企業研究や業界研究は掛けられるだけの時間を掛けて臨みましょう。

転職活動での企業研究その1~ホームページから読み解く企業研究~

転職活動での企業研究その2~業界・業種から読み解く企業研究~

転職活動での企業研究その3~お客様から読み解く企業研究~

ただし調べてきたかどうかを直接面接官から聞かれることはあまりありません。事前に企業研究を行なっているかどうかは、面接時に自分が話す内容から判断をされていきます。熱意があることを伝える為には、特に下記の想定質問での回答を事前に考えた方が良いでしょう。

熱意を判断する質問

・志望動機
・将来のビジョン/今後の目標
・(面接先の企業で)どのような仕事がしたいのか?
・なぜ面接先の企業が属する業界を希望するのか?
・商品やサービスに対してどのようなイメージを持っているか?
・他にはどのような企業の選考を受けていますか?

上記の質問に対しては自分の考えを述べられるように準備をしておきましょう。また回答だけを伝えるのではなく「なぜそのように思ったのか」根拠となるような自分のエピソードなども事前に用意しておくべきです。

最後の「他にはどのような企業の選考を受けていますか?」という質問も注意して答えるべき内容です。例えば〇〇業界を希望している、と熱意を伝えたにも関わらずに、この回答でそのまま全く異なる業界の企業ばかりの選考に進んでいることを伝えたのであれば、〇〇業界への熱意は嘘だったと思われてしまうかもしれません。

異業界の選考を多々受けている場合には「なぜその業界も希望しているのか」としっかり説明することで〇〇業界への熱意があることは伝わったまま、無事に選考を終えられることが出来ます。

企業への質問内容で熱意が測られる

面接では自分が質問されるばかりではなく、企業に対しての質問を行なう逆質問が行われることも一般的に想定されます。ここは熱意があるかどうかが最も反映されるポイントとなるでしょう。事前に企業を調べた上で質問する内容と、まったく調べずに質問する内容では大きな差が生じるからです。

調べればすぐに分かるような質問内容では「事前に調べていない」と判断されてしまうもの。だからこそ調べられるだけ企業は調べた上で質問することが大切です。またシンプルに質問するよりも枕詞を付け加えた方が事前に調べてきたことをアピールすることが出来ます。下記の例を比較して、どのような枕詞が良いのかも準備しておきましょう。

悪い例:
「御社の企業理念を教えてください」

良い例:
御社の企業理念は”〇〇〇〇”とホームページで拝見しましたが、この理念はどのような経緯で創られたものでしょうか?」

上記のように「枕詞+質問」を上手く利用することで熱意を相手に伝えることが出来ます。せっかく熱意を持って面接前に準備を徹底されてきたのであれば、逆質問を工夫することで効果的に熱意をアピールしてみましょう。

熱意が伝わる面接での回答について

今回は面接時での熱意の伝え方をご紹介しました。ポテンシャル採用・未経験者採用では熱意があるかどうかは選考結果に大きな影響を与えるポイントです。企業も熱意のある人を採用したいと考え、また熱意のある人を中長期的に育てていきたいと考えている企業が多数あります。

熱意は持っているだけでは意味を成しません。熱意を持って行動に移しているかどうかが、他の候補者との差を生み出していくことになります。単に「入社したい!」とストレートに言うのではなく、面接までにどれだけ企業を調べ、どれだけ研究してきたかが大切なのです。

熱意が判断される質問内容への回答や、逆質問では熱意があることを大いにアピールしましょう。ただし本当に熱意や意欲があった場合に限ります。もちろん面接準備を行なう中で熱意が出てくること、面接を通じて入社したいと意欲が上がることも大いにあります。元々はそこまで熱意が無かったとしても、面接で熱意が出てくる場合も多くあります。それはせっかくのチャンスをロスすることにも繋がりかねません。

まずは面接前の準備は1社1社熱意を持って行なうこと。その上で面接で熱意を伝える為の用意をしておくこと。そして最終的に面接で熱意をしっかりと伝えた方が良いでしょう。

自宅で出来る転職無料相談受付中

2020年4月〜、半日で10社の企業と自宅で面接出来る転職イベント「ウェブセレ」を開催しています。
転職やご自分の適職についてお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

こちらのページからご登録ください(所用時間1分)

3 件のコメント